107: ネイティブによく聞き返される・・・

街で外国人に道を訪ねられたり、英会話スクールで

ネイティブと話す機会があるなかで、

よく聞き返され、その度にビビって、

「ええっ、ちゃんと言ったつもりなのに、また通じてないのかよ」と Σ(゚д゚;)

ヘコんだりしていませんか?

そして、聞き返されとき、ヘンなナマ返事しようものなら、

なんだか会話があらぬ方向に行っちゃったりと、

自信を持って答えただけに、逆に英語を話すことに自信を

失ってしまうなんて経験された方も多いハズです。

誰しも打たれては、

「クソっ、次こそはきっちり言えるようにしてやる」

それをバネにして、それを何度も繰り返して上達していくもんですが、

ネイティブに聞き返されるにも、おもに3つのパターンが

考えられます。

① 声量が少ない、声質により声が通らず聞き返される。

② カタカナ英語で発音が悪く、聞き返される。

③ 文法が破綻し、英語として成立しておらず聞き返される。

まず、①ですが、

ただ単に本人がもともと寡黙な人で、普段から

声が大きくないというならば、意識的に英語を話す時には、

大きく話すようにすればよいだけですが、

たいていの場合、声が小さくなるというのは、

自分の話す英語に、自信がないから

口ごもってしまい、意識的に声が小さくなってしまう

というのが、原因だと思います。

じゃ、自信を持ったしゃべりが出来るようになるには、

文法的に間違っていないんだと自分自身で言い切れる必要があり、

また普段から音読等で、英語を声に出す訓練を

おこなっていないと、いざ英語を話すときになって

すんなりと英語が出てくるようにはならないので、

自分が思っている以上に、とっさに英語が出てこないので

焦って声量がすくなかったり、尻つぼみな答え方しか

できなかったりするためです。

英語の思考と発声が脳の中でつながっておらず、

別々なものになっているんです。

それはやはり、音読が足りていない証拠なんです。

次に②ですが、

ビギナーに一番多いのが、このパターンですが、

英語ははっきり大きな声で話せば通じる」なんて

言っている本や、記事をたまに見かけますが、

ネイティブにとって、はっきり英語を話されると

逆に聞きにくくて、しょうがないんです。

例えば、

What is this?

ファット・イズ・ディス?

と日本人が聞くと聞きやすくて、相手にも

何て言っているのか理解されるだろうと

思ってしまうはずです。

それって、日本語を日本人的感覚で

理解するには当たり前ですが、

ネイティブが英語を理解するには「ハッキリ=高理解度」ではないんです。

この違いを認識しているかいないかは

かなり大きいです。

英語の各単語の区切りにごとに固執して

きっちり話そうとするあまりに、はっきりと

カタカナ読みになってしまうと思いますが、

ネイティブにとって、単語ではなく

音のカタマリごとの音声が聞きやすさ、

更に理解しやすさになるのです。

それは

ファット・イズ・ディス?

ではなく、

カタカナ表記にすると

ファ ティ ディ?

ということになるんです。

例を 短く、単純に説明しましたが、

この感覚わかります?  (゚Ω゚;)

このネイティブの発音的思考と

日本人が思っている英語の発声に対する

考え方のギャップが、なかなか英語の

発音が上達しない差なのです。

最後に③ですが、

文法的に間違っていれば、話す内容はハチャメチャだし、

やっぱり聞きづらいですよ。

外国人が日本語を話すのを聞いて、単語的に何となく

言っている意味はわかるけど、ボロボロな

内容だと耳障りに聞こえるハズです。

また、文法間違いはその人の英語のレベルがモロに出ますので、

頻繁に文法的間違う英語を話せば、

この程度の英語レベルか と相手は思い、

自分が相手とコミュニケーションしたいと思っていても

何度も聞き返すような相手と話すと疲れるので、

すぐに離れていってしまうでしょう。

また、将来ビジネスで英語を使っていきたいと

思っているならば、ボロボロな英語を話していれば

知的レベルを疑われかねません。

さらにいまやメールでのやり取りはビジネスでは

必須なので、文法できないと仕事になりません。

英語業界に文法不要を唱える人は多くいますが、

海外旅行で買い物できればいいんです。って

いうレベルで英語は満足する人には、英文法は

必要ないのかもしれませんが、

フツーにきちんと英語が聞けて、話せるようになりたいのなら

そんな耳障りの良いウソ情報に惑わされることなく、

< br />
腰を据えて英文法はおさえすべきです。

文法がわかると、そこからが早いんですよ。

正攻法こそ英語上達の近道だといい加減、気づくべきです。

こうした上達の詳しいやり方は下記、無料レポートに
書いてありますんで、興味があれば下記是非どうぞ。

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ