278: こんなSiri 使い方

この前、iphone/ipad のSiri を使っていたら
結構おもしろい使い方を思いつきました。

 

 

iphone/ipad の設定の言語変更で

英語に設定に変えてSiri のAI(人工知能)に

 

 

英語で話しかけて、伝わるか?という
ことをやってみました。

 

 

自分が話した英語の音声がiphone/ipadのスクリーンに

文字化され表示されるので、正しく英語が言えているのか

がチェック出来ます。

 

 

もし英語の発音が悪ければ、間違った単語に変換されて

しまいます。

 

 

どこまで正しく言えて、言えていないか、自分の発した
英語の音声が見える化されます。

 

 

 

自分が話した英語がAIが認識して返事するって
最初はなんかヘンな感じです。

 

 

また、英語的に間違った英語を話すと、
Siriに聞き返される場合もあるし、

 

 

また、少しの間違いであれば、
AIで内容をある程度くみ取って理解し

返事する場合もあります。

 

 

 

的外れな答えがSiriから返って来れば、正しく話せていない

というわけです。

 

 

英語でも何種類もあって、

NZ英語、オージー英語、アイリッシュ英語など、
いろいろな英語のアクセントの違いも聴けます。

 

 

 

ちなみに、わざと I went to Tokyo Tomorrow とか
ハチャメチャな時制の英語で話したりすると、
I don’t understand

 

 

ってSiriが返答してきたり、

 

間違い英語にはシュールな返答がきます。

 

 

少なくとも自分が話す英語がネイティブにも
聞き取れるレベルなのかを知るという部分では
これは使えるんじゃないかと思います。

 

 

ぜひ、お試しあれ!
 

 

削除記事は下記にて掲載中!

 

http://easy-eigo.info/ 内記事参照ください。

□■□━━【PDF版 無料レポート配布中】━━□■□

「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」

↓↓↓
無料ダウンロードはこちら


英会話 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ