229: ネイティブの発音になるという妄想

以前に、英語を発音から学習し始めても、

英語が話せるようにはならないと書きましたが、

 

 

英語が話せるって、ネイティブと同様の流暢な

発音や抑揚で話すことだと漠然と思っている人は

多いんじゃないでしょうか?

 

 

ものごころついた頃にはすでにネイティブ英語に触れる

環境の中で育たない限り、本当のネイティブの発音を

身につけることはまずありえません。

 

 

よく「ネイティブのように~」という

言葉を耳にしますが、

 

 

ネイティブのような発音になるという意味なのか?

単に英語がペラペラになるという意味なのか?

 

 

結構あいまいに使われている言葉なんじゃないでしょうか。

 

 

日本語のような口先から発するのとは違って、

ネイティブの発音は発声のやり方から

 

 

腹式発声であったり、舌の使い方など全然違いますし、

それらすべて無意識に発声するのは至難のワザですし、

 

 

実際、日本人が聞いて、それっぽく流暢な英語のように

話せたとしても、

 

 

外国人がいくら日本語が上手く話せている

と言っても、外国人訛りの日本語は、

 

 

日本人が話す日本語とはハッキリと違いが

わかると思います。

 

 

それと同様に日本人が話す英語はネイティブが聞いたら、

やはりネイティブ英語には聞こえないわけです。

 

 

そもそも英語が話せるって、

発声が上手い下手ばかりにこだわっても、

聞き取りも出来なくてはならないし、

 

 

日本語→英語に組み立てて話すが出来なくては

会話が成立しません。

 

 

きれいな発音ばかりに気を取られ、

聞き取り、英語の組み立てができなくては

なりません。

 

 

きれいな英語の発音を目指すのではなく、

ネイティブが普通に理解できるスピーキングが

出来るようになることを目指すべきです。

 

 

何度となく書いてきている「音読」と「シャドーイング」を

毎日、反復練習していけば、リスニング力、スピーキング力は

 

 

身につくので、あえて発音に時間を割かなくても、

英語の”音”に対するセンスができてきますし、

 

 

少なくともネイティブに通じない英語の発音には

ならないはずです。

 

 

そもそも日本人が完璧な英語を話せるなんて

期待しているネイティブなんかいないので、

 

 

「完璧な発音になるには」なんて考える労力があるなら、

日々いかに学習を続けるかを考えるべきですね。

 

 

毎日学習し続けることの方が何倍も難しいハズです。

 

 

 

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

 

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ