125: 英語上達には時差がある

英会話の上達に関してこれまで、あれこれ

書いてきていますが、

英会話。つまり英語が話せるようになるってことは

頭の良し悪しはあまり関係ないんですよ。

確かに語学的な才能がある人っているのも

事実ですし、秀才肌の人は上達のモチベーションは

同時に始めたら、絶対的に高いとは思いますが、

受験のような偏差値では計りきれないのも事実です。

現に日本の政治家で東大出身なんてザラにいても

外交で通訳なしで差しで話せる政治家は故・宮沢喜一

位なもんじゃないでしょうか?

英語のテスト問題解答能力が高いことと、

英語が話せることは別問題です。

「あの人は頭が良いから・・・」というのは

自分がなかなか上達しない、自分への言い訳に

すぎません。

頭が良い≠英語ペラペラ

にも関わらず、

世間的にはこのへんが曖昧のままで

さも英語話せる人はみんな賢いみたいな風潮が

あることが、

英語を話せるように勉強を始めた二十歳くらいの頃から

絶対おかしいと思っていました。

自分の場合、何が何でも英語を話せるようになってやる

というある種、執念みたいなものだけで続けてこれたので、

アホと言われ続けて来た俺でも英語を使えるようになって、

英語はやったもん勝ちってことを証明してやる。 (`・ω・´)

みたいな気概を持っていました。

自分のそれまでの人生振り返って見ても、

すべてにおいて初めから物事が上手くいったためしが

無かったんで、

最初から○○間でペラペラみたいな、都合よく

英語が話せるようになるなんて、

自分には当てはまるわけがない。と思っていたので、

過度な妄想を抱くことが無かったというのは

幸いだったのかも知れません。

何で挫折するのか?というと・・・・

自分が思い描くような流暢な英語をネイティブと

楽しげに話せている・・・・

はずが、

Native: Hi, Where is bra bra bra ・・・・in Shibuya?

自分: Hi, ・・・・・(えっ! ヤバイ)、 (シブヤ?シブヤって言ったよね?)
     
    ユーゴー ディス トレイン, チェンジ, ネクスト トレイン ・・・

Native: 沈黙・・・・・・ No, No, bra bra bra・・・・・

自分: (えっ、てっきり場所聞いてんのかと思った・・・。)

     ・・・・沈黙・・・・ ユー ドント ゴー トゥー シブヤ?

Native: What did you say?

自分: (通じていないみたい・・・)

    えーーーーっ、 えーーーーーっ ・・・・・ 沈黙

Native: ・・・・・O, Okay, then. ( ・・・・去っていく)

自分: ・・・・・(((゜д゜;)))ガ~~~~ン!

こんなやり取りがあったか、ないのかわかりませんが、

英語を話す機会があっても、

いざとなるとテンパっちゃって

あれだけ英語ヤッてんのに、言葉もロクに出て来ず、

気まずい雰囲気が流れ、そうした状況に余計にパニック状態・・・。

だけど、当たり前と言っちゃ、当たり前なんです。

こんだけ英語やっているんだから、こんだけは話せるだろうって、

勝手に英語が話せる様になっている自分を作り上げて、

現実は自分の妄想とのギャップが大きく、こんなハズじゃ、と

ヘコむからです。

そんなカンタンにすぐに結果は出ないです。┐( ̄ヘ ̄)┌

逆にそんなすぐに英語がしゃべれるんだったら

誰も悩んだりしません。

いまやっていることは半年、一年後のためにやっていると

考えるようにしてください。

ボキャブラリー、文法、音読  

が相互に結びついて

英語が自分の口を突いて出てくると実感できるには、時差があります。

この時差が待てなくて、多くの人はあれこていろいろと手をつけて

結局、アガき損で時間もお金も労力も無駄になってしまうんです。

ボキャブラリー、文法、音読  

この大切な基礎の三要素を最初からわかっていた

わけでも、テキトーに言っているわけでもありません。

散々、自分が行なってきた無駄の中から最終的に行き着いた

結論です。

信じる信じないは自由ですが、

初心者のうちは、これら基礎固めなしで

他に何をやっても、その後の目に見えた上達はまずありません。

これらが見についてくると、次にやるべきことが

自分でわかるようになって来ますんで、

すでに実践している人はそのまま迷わず続けていってください。

言っていることがわかる時が、遠からず来ますので。

【今だけ情報】

TOEICを受けなくてはならない人も多いと思います。
所詮テストです。傾向と対策を立てずに漠然と英

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ