212:上達する人のマインドとは

英語の上達に一番大切なのは究極なことを

言うと、上達マインドがその人にあるかどうか

だと思っています。

 

 

始める時点での英語力の差は関係ありません。

 

 

全くのゼロレベルでも、デキる人よりは、

上達するまでの時間は当然かかるかもしれないけれど、

 

 

マインドが低い人を抜き去るポテンシャルは

十分に持っています。

 

 

じゃ、そもそも「上達マインド」って何なのか?

といえば、

 

 

創意工夫して考えながら学習を継続できる

人のことです。

 

 

「自分だってやってるよ」というかも

しれませんが、とりあえず義務的にただやっている

のではなく、

 

 

考えながら」というのがポイントです。

英語やっていますという人で、毎日継続している

人はそう多くはないと思います。

 

 

仕事終わってダラダラとテレビ見てしまったり、

ネットやって知らぬ間に時間が経ってしまい

 

 

気づいたら眠くなって、明日やればいいやと

結局、先送りしているんじゃないでしょうか?

 

 

きちんと継続できるには、

 

英語に対する 欲求または危機感

もしくは、その両方を持ちづづけることが

出来る人です。

 

 

この場合の「欲求」とは、英語が上達したくて、

英語をやっていて楽しくてしょうがない

状態の人です。

 

 

 

自分の場合はまさしくこんな状態でした。

 

 

自分が日本語以外の言語をチョット

話せただけで、それまでの人生で

味わったことのない世界が開けて、

 

 

「もっと、もっと話せるようになりたい」

の一心で、上達するのが楽しくて

しかたなかったのを覚えています。

 

 

自分は大の勉強嫌いだったのですが、

英語に関して言えば、勉強って感覚は

まったくありませんでした。

 

 

 

次の危機感というのは、英語ができない

ことで、自分の人生がかかっていて

もう後がないという状態です。

 

 

会社で英語ができないとクビになるとか、

海外で生活することになり、英語が話せないと

 

 

死活問題になりかねないみたいな、

崖っぷちの危機まで追い詰められて、

 

 

英語に向き合う集中力が嫌でも

上がるわけです。

 

 

 

心の底から思えるようにならないと

「向上心は負けません」と言ってみても、

 

 

ついつい英語学習をサボってしまう

なんてことになっている人は、

 

 

やっぱり心のどこかで、「めんどくせー」という

気持ちが無意識にでも働いているのでサボろうと

行動に現れてしまうのです。

 

 

 

コレばっかりは他人から、強制的に英語を好きになれと

言われたところでどうしようもないので、

 

 

本当に英語が上達したいのかの本質的なところは

やっぱり自分にウソはつけません。

 

 

心のどこかで

「別に英語なんて話せなても生きていけるし」

と思っているから危機感も感じていないワケです。

 

 

英語上達はカンタンじゃないし、継続しないと

伸びないということです。

 

 

これって裏を返して見ると、

よくある売上重視の英語教材の多くは、

 

 

「カンタンに○○」、

「○○するだけ」、

「たった○○日間で」

みたいなセールスしている教材は、

 

 

英語の上達マインドが無い人の心に響くわけです。

 

 

所詮、小手先だけで、英語をちょちょっとナントカしようと

思っている人たちなので、まさしく「カンタンに」という

キーワードに弱いので、飛びつきますが、

 

 

モチベーションがそもそも低い人達なので買っても

満足してやらないわけです。

 

 

やっぱり英語の必要性がわかるようなるには

まずは一人で海外旅行に出かけ

ボロクソに打ちのめされて、

 

 

英語が話せるということを考える

機会を持つことをオススメします。

 

 

もし英語が話せていたらと、想像すれば

可能性が広がって、楽しくてしかたなくなるし、

 

 

リアルで本当の使える英語の意味が

理解できるようになるはずです。

 

 

 

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

 

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ