214:論理的な思考=正しい上達方法論

英語もできない、勉強もできない10代のころ

とりあえず良さそうな本が出たら、取りあえず何でもやってみた。

 

 

ただただ感情にまかせ、なんとなく良さそうだから

という理由だけで、なんかそれを試さない自分が

損しているんじゃないか?

 

 

というなんともいい加減な動機からである。

 

 

もちろんそんなのやったところで効果なんてない。

当時は超感覚人間。すべて理由はなんとなく・・・・。

 

 

そんないい加減な自分にきっかけになったのが大学受験。

正しい答えを導き出すには、正しいプロセスを経ないと

辿りつけない。

 

 

「AだからB」、「BだからC」と論理的に考えていかないと

知識が積み重なって次につながらないってことに気づいたんです。

 

 

それ以来、超感覚的に行動していた自分を改め、

徹底的に理屈で考えて、実践することで

 

 

自分の中に落し込んで理屈で考えるということが

いかに大事かが理解できるようになりました。

 

 

 

本を読んだり、人に聞いたりしてもその場では、

わかったつもりでも、

 

 

理解しただけで実際に自分自身でくり返し、

実践していかないと凡人にはなかなか身につきません。

 

 

論理的な思考にもとづいたものは、

つまり「正しい方法論」でもあるわけです。

 

 

 

理論的に上達の仕組みを理解し、英語が話せるって

どういうことなのか?言葉を話すってどういう要素が

 

 

必要なのか?など分析し、自分でやってみると、

だんだんと全体像が見えるようになってくると

 

 

「○○するだけ」みたいな教材や、

いきなり英会話スクールや、スカイプの英会話を始めたりする

学習法など、いかに的外れかがわかるようになります。

 

 

 

上達する全体像と、そのプロセスが論理的にわかるようになれば、

いくら「ラクに、カンタンにペラペラになれます」みたいなオイシい

言葉で並べたてても、そんなことに心が動かされ、

 

 

考えがブレることはなくなります。

 

 

理論的に英語がどうのように上達していくのかをまとめたのが、

無料レポートにある「3つの方法」に集約されているわけです。

 

 

”方法”とありますが、人間が言葉を話せるようになるには

”3つ ” が相互に関係し合っていることを理解して、

 

 

そのうえで、何をすべきか、そしてどのようなことをすべきかを

解説してあるので、それを理解して実践すれば、

 

 

聞くだけで英語が話せるようにならないことが、

だれでも理解できます。

 

 

 

もうすでに実践し続けている人は、この3つがつながって

何のために必要なのか、どう必要なのかが、わかってきているはずです。

 

 

考え方にブレないから、雑音に振り回されることもなく

集中してやり続けることができるし、

 

 

理論に則していれば、自分に合った、より効果的な

学習法も自力で取り入れられるようになるわけです。

 

 

 

そうなるには、前回話した「マインド」がないと継続して

長期間に大量に英語に時間をさいて学習ができないので、

 

 

多くの人はなかなか理解できないので、学習効果が

発揮されないまま、辞めてしまうのが現実だと思います。

 

 

賢いエリートの方ならば、すでに蓄積されている

その英語の知識を「話せる知識」に思考の転換するだけなので、

 

 

サラッと短期間に効果を出せる人がいるかもしれませんが

 

 

その他大勢は、英語に接する絶対量が少なすぎるため

それをカバーするには「1日の時間量 X 継続日数」 しかありません。

 

 

 

マインドの根本になるのは、英語の必要性と危機感です。

 

 

しかし、

 

この「マインド」は他人から言われたから身につくものでもなく、

自分で念じたところで、本人の心の奥底で英語に対する思い入れが、

浅いと、

 

 

「今日は面倒くさいから明日やればいいや」

と先延ばしして毎日英語学習が続けられないわけです。

 

 

日々継続できる人は、”根性”で続けているわけでは決してありません。

 

 

英語が使えるようになってくるのが心の底から楽しいし、

更に英語を使う目標が見えていたり、または英語ができないことで

待ったなしの状態だから、

 

 

めんどくさいとか人間の負の心の状態を

上まっているから

毎日続けられているのです。

 

 

そうなると吸収するのも早いし、辞めずに継続するから当然上達が

加速していくわけです。

 

 

 

じゃ、そんなにマインドが重要なら何で英語教材や、英会話スクールなどで

マインドに関して、ほとんど何も言わないのかというと、

 

 

マインドみたいな精神論はお金にならないし、それを言うと

矛盾してくるからです。

 

 

英会話スクールなら、たくさんネイティブと話して、

レッスンを消化するすことが売上につながるわけで、

 

 

家での勉強やら、精神論を言うと自己否定になりかねないし、

売上にならず無意味なので、

 

「たくさんしゃべること=上達」

 

という図式を植え付けるわけです。

 

 

マインドが土台となり、そのうえで上達するための理論を理解して

実践していくことこそ英語上達の構図になるわけで、

 

———-

| 手段 |
——————
|  理  論 |
————————-

| マ イ ン ド |

 

テキストや教材などの手段は表面的な部分でしか

ないので、マインドと理論が身についていないのに、

 

テキストや教材や、英会話の表面的なものだけ

何が良い悪いと変えたところで全く無意味なわけです。

 

 

 

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

 

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ