248:マインドバリア 16のパターン

 

人はどうして諦めてしまうのか?

「WHY PEOPLE GIVE UP?] と題してこんな記事を

海外のサイトで見つけました・・・。

 

 

 

Why people give up
 

 

誰でも心当たりはあずはずです。補足すると・・・・

1.「急いで結果を求める」

これ多いです!



ネイティブとの会話が上達の唯一の手段とばかりに、

基礎固めをせず、とにかく英会話スクールいったり

語学留学に行ったり、表面上のことしかやらず、

効果がすぐに出ずやめていくパターン・・・。







2.「自分を信じなくなる」

「絶対に英語をものにしてやるんだー」、と

自分を信じることなしに、何も始まりません。

たとえ、それが根拠が無い自信であってもいいんですよ。

やっていくうちに少しづつでも上達が実感できれば

それが自信に変わっていくってもんです。






3.「過去にこだわる」



過去のトラウマというか、失敗体験に振り回されて

引きずってしまったり、自分の過去の成功体験が全てで

絶対だと思い込んで、

他の意見ややり方に耳をかせない状態。





4.「失敗に飲み込まれる」


これまでの失敗が失敗を呼ぶってやつですか・・・

自信が持てなくなって、負のスパイラルにハマって

不安にさいなまれてしまって、流れはさらに失敗を

呼び込んでしまう状態です。







5.「将来に不安を持つ」


たいしたことやっていないのに未来に不安を持ってしまう・・・。

ネガティブ思考では上手くいくものも、

それでは上手くいくわけありません。

もっと前向きに未来を変えていきましょうよ。







6.「変化を嫌う」

特に10代、20代でこれだったらヤバイと

思った方がいいです。



人間保守的になって守りに入ったら終わりです。

新しいことにチャレンジしなければ永遠に成功はありません。

ネット社会で世の中の流れはどんどん加速しているので、

人生チャレンジの連続です。







7.「自分の能力を捨てる」


オレなんかダメなんだ・・・。そんなことはないです。

どこでどんな能力が発揮されるかなんて誰にもわかりません。

他ともつながってきますが、自分を信じて挑戦です。

ファイティングポーズの腕を下ろした時点で負けですよ。







8.「自分の欠点を意識しすぎる」


関西人じゃないですが、欠点を笑いに変えるマインドですよ。

むしろ欠点がおいしいネタになるとプラスに変える思考です。

誰だって欠点だらけでパーフェクトな人なんていませんって・・・。







9.「周りがやってくれるものと感じる」


他力本願的な思考していたら何も変わりません。

お金払って英会話スクールにいっているんだから

いたせり尽くせりヤってくれるんだろうって、

あまいです。それで世の中は英会話は繁盛するけど

日本人はちっとも英語が話せるようになってないって

笑えない現実を見れば、信じられるのは自分だけって

ことになりますよね。








10.「成功への欲望より失敗への恐れが強い」


これはよほど何かが過去にあったのでしょう。

ここまでいったら、心の病の部類に入ってきちゃいますよね。









11.「可能性を心に描けない」


ちょっとした事でも、それをキッカケにこれっていけるかもと、

その先の成功をイメージにつなげるくせをつけて不安を

ワクワク感に変えちゃってください。









12.「何か失うものがあると感じる」


失うものなんか何もないですよ。何度も言うけど、

守りに入ったら終わり。「攻撃は最大の防御」なり。








13.「働きすぎ」


働きすぎて毎日ヘトヘトでっていう人も

いるかもしれないけれど、

でも好きなコトや趣味には朝早起きできちゃったり

するわけで、人間そんなに限界なんてないんですよ。


限界をつくっているのは自分自身です。











14.「自分の問題は自分にだけふりかかると思う」


確かにイヤなことって続く時ってつづきますが、

だけど被害妄想的な考えをして、どうして自分だけが・・・と

考えてはイケませんよ。


知らないだけで自分以上に不幸な人は世の中には

数えられないくらいいますよ。









15.「失敗を引き返すシグナルと思いこむ」

過去の失敗でビビって行動に移せずやめてしまうのかもしれないけれど、

失敗しないと学習しないし、次につながリませんよ。


ユニクロの柳井社長も『一勝九敗』という本を書いているように

9回の失敗があったから1勝でき、成功しているように見られがちだが

その裏に散々失敗を繰り返してきたということ言っているわけで、


失敗を恐れちゃダメってことです。









16.「自分に甘える」


自分にストイックになれるって難しいですが、

自分で楽な方ばかりにに逃げないで、




ある時点で腹くくって目の前の壁に立ち向かうしか

ないんです。




それを乗り越えたときの喜びその人にしかわかりません。

英語なんてワケの分からない言葉の塊でしか聞き取れなかったのが、

少しづつ理解できて会話になって、会話が成立していく過程に

喜びを感じて、言葉ができることでいろいろと可能性が広がって、

さらにまたそれに喜びを感じることができたから

英語を続けられてきたんだと思うので、

 

 

 

今の現状どれかに当てはまっている自分がいるあなたは、

その部分を意識するだけでも、変えようと思えるだけ

進歩できますので、参考までにこの機会のにせひ考えてみてください。

 

 

 

 

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

読者登録

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ