81: 英語が上達しなくて不安な人へ

早く英語を話せるようになって、

英語を使う仕事について世界中を飛びまわりたい、

とか、

海外にたくさん友達をつくりたい。

なんて想像しながら英語を続けている人は多いはずです。

しかし、現実は初心者でヤルことが多すぎて、もう何から手をつけて

良いのかわからずアセるばかりで、空回りしたり、

または

地道に続けてはいるけど、上達が実感できずに

こんなことやっていて、本当に話せるようになるのか?

すごーく不安でたまらないなんて人は多いんじゃないでしょうか?

他の人と比べてみたり、数ヶ月でこんなに英語が

話せるようになりましたみたいな話を聞くと余計

今自分のやっていることに自信を持てなくなってくると思います。

そうなると勉強よりも、どんな良い方法が無いのかが気になり、

次から次に英語本、教材を買いまくって

結局、同じ事の繰り返しなんて・・・。

でも、

例え上達が早い人がいるかもしれませんが、それは本当に

例外中の例外です。

だから目立つし、話題にもなるんですよね。

その他大勢の自分には間違いなく、当てはまりません。

基本的に小手先だけのことをやっても、所詮、本当に

英語が喋れるようにはなりません。

ちょっと旅行にいってショッピングがスムーズに出来れば

問題ないとか、道を尋ねるようにになれればいいという

レベルで問題ないというのなら何も言いませんが、

このブログを読まれている方は、最低でも

どの分野でも英語でネイティブとの会話を普通に聞けて、話せるように

なりたいと思っていると思います。

目標は高くても、それを実現するプロセスが現実的ではなくては、

実力は付いて来ません。

早く話せるようになりたいから、ネイティブとの接触を多くしようと

いきなり英会話にいったり、準備もせずワーホリ行ったりしたところで、

結果はたかが知れています。

また、英語をやったなりの成果を実感したいからと、

TOEICを英語の勉強の軸にしたりしても、いつまで経っても

話せるようにはなりません。

文法がわからなければ、じっくり取組み、単語などボキャブラリーが

少なければ地道に覚えることやり続けるか?、しないか?だけです。

まず、英語を話すことはそんなカンタンに成果が出るものでは

ないんだと、思ってじっくり取り組んだ方が賢明です。

短期間で上達はまずありえないと肝に銘じて、世の中の

都合のいい話には耳を傾けてはいけません。

カモられるがオチです。

どんなにアセっても、やったことにしか結果は付いて来ません。

基礎を嫌がって飛ばしても、結局上達しない原因が基礎力がない

ところに戻ってきます。

何度となく書いていますが、基礎がわかるとスッキリと

なんでも理解できてくるので、ホント、上達が加速していくのが

わかります。

よくメールもらいますが、いろいろ試した結果やっぱり、

基礎の重要性がやっとわかりましたとみんな言っています。

今やっていることは、半年、1年後の結果のための勉強なので、

テスト前の一夜漬けの勉強とは違い、やったからって、

やったことが明日すぐに結果が出るわけじゃありません。

だからモチベーションが続かず、やめてしまう人が多いわけですが、

この部分を意識しているか、いないかでも大きく違ってくると思います。

アセって何もしていなければ、当然英語の上達に何も変化が起こらない

のは、当たり前です。

また、ただやっつけ仕事のように時間だけ費やしていても

非効率なので、常に会話で話す場合には、どういう時に使えるのか、

どのような使い方をすれば良いのかを意識して暗記や理解を

心がけてみてください。

機械的な丸暗記では会話では応用が効かないので、常に

「~だから、~なる。」と理屈で覚えて、何となくこんな感じかな?

で、そのままにしてはダメです。

放ったらかしのままにしておくと、そのよくわからない部分を

先延ばしにしてしまい、やっているにも英語が上達しないと、

自分で上達しない原因をつくり続けることになってしまう 

ので、やる以上はすっきりわかったうえで、次に進んでいってください。

忘れても構いません。くり返しくり返しやればいいんです。

筋道立てて覚えたものは、例え忘れても思い出すのも早いので

クリアすれば、足踏みしている時間が少なくて済むので、

同じ事ヤルにしてもポイントを外さないようにしてくださいね。(o^-‘)b

□■□━━【「3つ方法」PDF版 無料配布】━━□■□
「3つの方法」をまとめた無料レポート無料配布中!
↓↓↓
無料ダウンロード

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ