90: なぜ日本人はTOEICや英検を受けたがるのか?

・・・という題名を見て、目標に向かって英語を勉強して

何が悪い?と聞こえてきそうですが、

この現象って、世界でも日本と韓国くらいなものです。

そもそもTOEICって日本が発祥の地ですから。( ̄_ ̄ i)

英検にはないビジネスに通用する英語力をみる

というのが目的になっています。

会社内や就活でTOEICの最低得点ラインが決められて

いるって言うのならば、受けざる負えないかも

しれませんが、

そうでもなくただ英語を勉強する上での

点数を上達度のバロメーターにできるからというだけで

安易にTOEICや英検のテスト傾向に沿って

英語を勉強するのは間違いの元です。

ほとんどの人は英語を話せるようになりたいのに、

TOEIC,英検の勉強することに何の疑問を持っていないと思います。

そもそもなぜ英語を勉強したいのか?を考えてみてください。

決してテスト勉強が楽しくてやっているんではないハズです。

だけど、やっていることは、テストのための勉強・・・。

「TOEIC≒英語ペラペラ」という図式

を思い描いていのかもしれませんが、

「TOEIC≠英語ペラペラ」

が正解です。

ほとんどの英語の本や雑誌などでも、このことを

指摘する記事や、英語教育者を見たことがありません。

テスト勉強式英語勉強法の間違いに気づかない人は

いつまで経っても英語をものにはできないと断言します。

じゃ、なぜ多くの日本の英語学習者はこれらの

テストを軸に英語を勉強するのかというと、

ハッキリ言って、受験勉強後遺症だと思っています。

これまで、学校で中間、期末勉強、入学試験勉強と

勉強の目標がテスト勉強方式でしかやってきていないので、

点数という数字による”見える化”されていないと

不安で、それが無いと何をやれば良いのかが

わからないので、みんなもTOEICや英検やっているんだから

間違いないだろうと疑問すら持たないんだと思います。

そして、さらに環境的にも普段英語が話せる状況が

身の回りに無いため、英語が話せるようになるには

常に何が必要なのか考える機会もないので、

「内向き志向」になり、

これまでの受験勉強での過去の成功体験で、同じように

やれば努力が実を結ぶと思い込んでいるんです。

TOEIC、英検を軸にした勉強法が正しいか、間違っているのか?

日本の英語学習人口は1300万人以上だと言われています。

日本の総人口の1/10以上です。

幼児を除いても身の回りで10人中1、2人が英語を勉強していて、

実際にそれらの人が英語が普通に話せているか?といえば、

ほとんど、そんな人は見たこと無いと思います。

>それが、答えです。

では、TOEIC、英検以外で勉強するって言われても、何をやれば良いのか

わからないと思います。

英語初心者がまずやることは、決して多くないです。

その多くないことを完璧にする必要があるんです。

多くの人はそれをスルーしてしまい、あれこれやっても上達しないので、

英語の勉強がつまらなくなってしまって、続かなくてやめてしまうんです。

まず、テストを目的とした勉強法は忘れてください。どうしてもやりたければ

ある程度、上達したと実感した時にチカラだめしとしてやればいいんです。

一生、テスト勉強のための英語で終わってしまいますよ。

じゃ、何をやれば良いのかは、下記の無料レポートにまとめているので

まだ見てない人はどうぞ。

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□

「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ