234: 英語が聞き取れ始めるきざし

英語が意識せず聞き取れるなんてことが

あると思いますか?

 

ほとんど聞き取れない状態が、英語漬けの生活で

そのうち聞けるようになるって・・・

完全妄想です。

 

 

海外で日本語のない生活をしましたけど、

無意識に英語が聞けるようになるって、

絶対にありえないです。

 

 

しかし、

それが聞き取るために意識して

聞こえ始めるということはありえます。

それが「音読」です。

 

 

何気なく、意識もせず聴いていた洋楽の歌詞が

ある時、フレーズや言葉がハッキリ聞き取れ、

 

「あっ、こんなこと言ってんだ。」

という瞬間が突然あるんです。

 

 

ハッキリと聞こえるんです。

 

 

それまで何度も聞いてきた曲が、

そういうフレーズだったんだ。と

ミョーに感心したりすることが、

増えて来たのを覚えています。

 

 

これはただ英語を聞いていただけでは、

「無意識に英語が急に聞き取れるように」は

ならないハズです。

 

 

それもスローテンポで、かなり聞き取りやすいはずの

曲でさえも歌詞なんてほとんど聞けてい無かったのに、

英語が耳に飛び込んでくる瞬間がやって来ます。

 

 

やはり、音読 よってに意識して

 

「聞いて」、

「考えて」、

「声に出す」

ことを

 

反復してくり返し、くり返し行うことでしか

聞き取れるようにはならないんですよ。

 

 

これはだれでも音読を続けていけば

同じような体験ができると思います。

 

 

ある一部分でも英語が耳に飛び込んで

聞き取れるようになるということは、

 

 

音読の成果があらわれて来たサインで、

その聞こえる”ある一部分”だんだんとが増えることが

英語全体が聞き取れるということになるのです。

 

 

音読も、ただ声に出して読めば良いってわけではなく

そのやり方を踏まえて、意識してやり続けることが大切です。

 

 

やったり、やらなかったりすると、やらない期間は退化

していっているので、またやり始めたときに感覚が

戻るまでに時間がかかってしまいます。

 

 

おそらく音読を再開した時に、以前ほど

読めなくなっているなんてことを、実感した

人は多いハズです。

 

 

初心者は結果を早く求めすぎるますが、

実は英語習得はそんな甘いものではありませんし、

自分がやったことしか結果に出ないので、

 

 

いくらこんなにやっているのに、とグチっても

 

それは、

的外れのことをやっているか、

 

やり方が悪いか、

 

費やす絶対時間量が少ないか、

 

集中していないか、

 

 

の原因はどれかです。

 

 

音読自体の効

果は確実にあるので、

信じて取り組んでいってください。

 

 

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

 

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ