104: 興味が無い人が関心を持つようになるとは

海外へ旅行やワーホリ、語学留学などで

行ったことがあるかもしれません。

そこで日本についていろいろ聞かれたり

することも、多いかと思います。

当然、聞かれる側としても日本に興味持ってくれれば

うれしくなっていろいろ話したくなるのは

当たり前です。

話す内容もある種自分の得意分野なので

いつも以上に話せた気になります。

自分に何かしら話しかけてきたり、

日本に関して聞いてくる人というのは

少なからず興味があるから話しかけて

くるのですよね。

最初はとりあえずなんとなく話せることができた

ということで英語の出来に満足してしまいがちですが、

そのうち、毎回同じようなことしか言っていないなと

気づくようになってくると思います。

多少興味を示しているから相手は何かしら聞いてくるわけで、

自分のつたない英語にもつき合います。

しかし、その他大勢の別にアジア人には特に興味はないし、

ましてや日本なんてという人を、

”しゃべり”で相手が自分という個人を、

知りたいと、どう思わせるか?

そして、

自分の話に興味を持って喰い付いてくるか?

それが出来るようになれば、本当に言葉が使いこなせたことに

なっていると思います。

この場合、自分自身をプレゼンする道具が英語という言葉であって

それを使いこなせて、使える英語といえるのではないでしょうか?

それには個人的な魅力も必要ですし、相手にとって

自分と話すことで何かしらのメリットがあると思わせないと

当然、関心を惹きつけることはできないので、

内面的な自分磨きも必要になりますよね。

そうなるとTOEIC、英検の英語というのは所詮”テスト”英語です。

ネイティブにTOEIC○○○点持っている。と

言ったところ、

スゲーなんて誰も興味なんか持ちません。( ̄_ ̄ i)

日本人でしか通用しません。

むしろ、ネイティブにとって相手が英語が出来るものとして

話すのであって、

自分が英会話の練習台にされるのは、まっぴらなハズです。 ( ̄∩ ̄#

日本人的な英語観から抜け出せず、本質的なところが

理解できないと、

英語がしゃべれもせず一生”テスト勉強”して終わってしまいますよ。

まずは英語が聞き取れず、通じない環境で、ボコボコに凹まないと

使える英語の意味が身を持って理解できないと思うので、 (TωT)

行ったことがなければ、早いうちに海外に一度は出て

みた方がいいですよ。

お金かけずに海外一人旅をオススメします・・・。

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ