106: 言いたいことが言えずにストレスになると・・・

よくワーホリでも留学でも、日本人同士でつるんで

しまって、英語がしゃべれなかった・・・

なんてことは聞いたことがあるかもしれません。

もちろん、みんな最初からそんなつもりで、

海外にまで行ったのではないはずです。

現地に入って英語漬けの毎日をおくる中で

英語が磨かれていくことを夢見ていたに違いありません。

日本語ばかりの生活→英語から離れる→上達しない

と負のサイクルに陥ってしまう・・・。

言いたいことが言えない、言ったとしても理通じす、解されない。

これってすごいストレスなんですよね。

口を突いて言いたいことが出てこないと、自分自身に腹が立ったり

言ったとしても相手の表情が、自分が言ったことに困り顔だったりして

何度も同じようなことが、頻繁に起こると説明疲れで、日本語で

思う存分しゃべって発散したくなる気持ちが、日本人コミュニティーへ

向かわせて、その居心地の良さから抜け出せなくなって

ズルズルと時間が過ぎていってしまって終了・・・。

こうなってしまうのは完全な事前の準備不足パターンです。

リスニングは一朝一夕に、英語が急に聞き取れるように

なることはありませんが、

少なくとも喋ることに関しては、最悪暗記だけでも

何とかなります。

英語がロクに話せない相手に、そんな深い話なんてしてくる

人はいないので、少なくとも最低限

どのように聞けばよいのか?

どう答えれば良いのか?

事前にシュミレーションできるハズです。

自分も学生時代、海外一人旅に何度も行った際に、

英語がままならない時には想定されることに対して、

備えてどうすればよいのか考えておかないと、

誰も頼る人がいないので、そうした下準備は

怠りませんでした。

リスニング不足でヘコむことは多々ありましたが

少なくとも自分がどうしたいか、どう答えるのかで

言えずにストレスになるということは一度も

ありませんでした。

最初は自分の中で、しゃべりのパターンを

つくり、間違えていれば修正すれば良いし、

もっとナチュラルな言い回しがあることを

学べば、どんどん吸収していけばいいんです。

しゃべれないのなら、それなりに今やれることは

やらないと、しゃべれないまま時間だけが過ぎていって

しまうので、奥せず貪欲に吸収すべきです。

相手から聞かれても聞き取れないなら、

自分から言い出してコミュニケーションを

引き出していけばいいんです。

最初は取りあえず5W1Hでの質問の仕方の

パターンを最低でもおさえておくだけで、

全然違いますので、まずは「言いたいことは言える」ように

してみてください。

英語が話せるようになりたいと思ったら、
初心者がまずヤルべきことは「聞き流し」なんかではなく、

まずこの3つです。↓↓

正攻法の英語学習が近道であることがわかりますので、
無料なので、読んで損は無いです。

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロード
はこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ