12: 都市伝説?英会話スクールに通ってペラペラになった人を見たことがない ・・・

誰しもタイトルに内心そうだよねーとうなずいてしまう
ところがあるんじゃないでしょうか?

世の中にこれほど英会話スクールが氾濫して
いるにもかかわらず、自分の周りに英語を話せる

人がほとんどいないという、なんとも不思議な現実・・・。
20年も前からこれからは国際化と言いつつ
現状はほとんど変化なし。

初心者が英語を始めようとしてまず考えるのが、
英会話スクール探しではないでしょうか?

英会話を習うんだから母国語として使っている
ネイティブから習うのが一番と思うのは自然な流れ

ですが、ちょっと待ったーっ、この居酒屋で注文する
ような「とりあえず 生中」みたいな発想で、とりあえず

英会話スクール探しから始めること自体が、挫折のはじまりです。

自分自身、現在、英会話を経営しているのですが、
その自分がこんなこというなんて自分で首を絞めていると

言われかねませんが、実際、ネイティブレッスンを
して意味のある人は、それなりのレベルが必要なんです。

例え、レベル別レッスンと言えども英語力”ゼロ”でネイティブ
レッスンというは無謀です。

教える方も初歩的なことをイチイチ聞き返され
話しが進まないし、受ける側もチンプンカンプンで

ストレスが溜まるはずです。ネイティブレッスン
で効果が出るレベルは、子供が補助なし自転車に

乗れるように、片輪が取れて、徐々に後ろに誰かが
支えて乗れ始めてきた感じになったときのような段階で、

時間かけてノートに英作文を書いていたのが、それを言葉で
言えるようになり始めたような頃ならネイティブから習えば
上達が格段に早いです。

しかし、そうなるには行きつくところは、これまで書いてきた
「3つの方法」です。これらの基礎がマスター出来て

※3つの方法の記事は ⇒こちら

はじめて英会話をやって効果が表れてきます。

一旦、スクールに通い始めてしまった人は
結局、レッスンを理解出来ないことにストレスを感じて

辞めてしまうのが目に見えます。この
「3つの方法」としての基礎が無いのに

別のことから始めても効果がないという
典型的な見本だと思います。都市伝説でも

何でも無く、これほど世の中に英会話が上達
出来ない失敗の前例が山ほどあるにもかかわらず、

相変わらず英会話スクールに通えば自分を
上達してくれるはずだと疑わない人がいかに多いか?

他人任せで英会話スクールに通ったところで、
英語を話せるようにはなりません。やはり、

地道に基礎をマスターしていかないと、英会話の
上達はありません。

逆の言い方をすれば、基本的な部分が身につく
までは英会話スクールなんて行かなくても
英語は伸びることは十分可能です!

ちなみに自分のスクールに来る超初心者さんは
断るか、またはレッスンそのものよりも基礎の

自習比率を最初は8:2くらいにして徹底的にやってもらい
ネイティブレッスンは最小限に馴れる程度のやり方でやって
います。(蛇足ですね。^^)

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ