29: 英会話の前にまずは英作文

これまでも3つの方法をやらずに、他のことから英語を
始めても、結局この3つがないことで上達しないと書きました。

特に英文法は使われる用語が難しく、
とっつきにくいせいか、じっくり英文法の

本質を理解して組むことをなかなか
やりたがらないと思います。 

そんな自分もかつては大の文法ギライでした。

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

文法が得意と言っても、文法の問題集を
繰り返し行って、文法問題を解くことが

得意であっても、本当に文法を理解して
いるとは言えません。

実際に文法(=英語のルール)が使えてこそ
はじめて文法の意味があります。

英語は話せないけれど、英作文は意外と
得意という人は、かなりのおしいところまで

来ていると思います。

英語が書けているということは、(正しいかは別にして)
一応、文法的に考え抜いたうえで

ある程度時間をかけてなら英語を
組み立てられるということなので、

一通りの文法の範囲は押さえては
いると思われます。

その英語を組み立てる過程を、もっと早く
頭の中でできるようになることが

英会話が出来るということなので、
じっくり考えることに慣れてきたら、

早さにもこだわることも必要です。

それには日ごろから英語で何と言うか

を考えるクセづけることが、近道だと思います。

何も机に座っていることだけが勉強じゃなので、

英会話はコミュニケーションツールなので

話せてこそ、英語をやる本当の意味ですよね。

「3つの方法」をまとめた無料レポート出来ました。
興味があればどうぞ ⇒ダウンロードはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ