35: 英文法がわかると、こんなことが起こります。

やはり英文法と英会話のつながりが、
イマイチよくわからない方が多いと思います。

あんな面倒くさいことを、やらなくてはならいない
のだから、本当にそんなに重要、重要と何度となく

言っているなら、どう重要で、どう意味があるのかを
教えてくれと言われそうなので、英文法が英会話に

どう生きてくるかを実体験を書いてみたいと思います。

一番のメリットは

英語を使いこなせるようになる。

ということです。

つまり、暗記に頼ることなく、自分の言いたいことが
英語で言えるようになります。

フレーズブックの暗記でとりあえず覚えただけだど
そのシチュエーションにマッチしたときには使えるけど、

そうそう覚えた通りの場面って出くわすことは、
ないですよね?文法という英語の理屈を理解して

いれば、その会話のシチュエーションにあわせて
アドリブがいくらでも効ようになるので、

暗記だけとは違い、手持ちのフレーズが無くて、頭が
パニックになることがなくなります。

2つ目は

覚えることが最小で済みます。

これは1つ目と矛盾しているようですが、
当然、知らないことがあれば覚えなくては

なりません。しかし、文法が使えるように
インプットされていると、基本文法に沿って

覚えるようにすれば、重複しているところは
ほぼ省略できるので、決まり文句や特殊な言い回し

など、文法だけでは割り切れないことだけを
覚えていけばよいので、かなり手抜きができるように
なります。

3つ目は

リスニングにおいて、細かな意味を理解する
詰めができるようになります。

文法なんだから英語の理解するために
当たり前じゃないと思われるかも知れませんが、

リスニングは紙に書いた文章を読むように、
じっくり目を通して考えるなんてことはできません。

「3つの方法」で推奨している英文音読で
英語の語順のまま理解して、英語を頭から

理解していった際に、それがいつなのか?(時制)

何を指しているのか?(関係代名詞)

疑問なのか?付加疑問なのか? などなど

聞き取れなかったり、前後関係が混乱したり
した時などに、文法によって正しく理解する

助けになったりもします。

もう当然、英文を読む際には英文法に沿って
読めなくては英文は読めるようにならないし、

また英文を書くにしても、話し言葉とは違い、
文字として残るので、感覚的に文章は書くことは
できません。

文法的な間違いだらけの文章を書いているようだと
知性を疑われるし、メールのやり取りの多いビジネスでは

文法ができないと致命的です。

皮肉にもビジネス英語を目的としたTOEICには
英作文を書かせることすらありません。

同じ英文法でもテストのための英文法と
使える英文法を混同すると、結果は全く

違ってきます。

英文法をやるには絶対に間違ったやり方はいけません。
話せる英文法の学習をしないと、やっても意味ないじゃんと

勝手に自分で文法不要論を作り上げてしまうように
なってしまうのでやればいいってもんじゃないということは

意識してもらいたいと思います。

余談ですが、英文法がわかると街中にある
胡散臭い英語表記が間違いだらけと気付くようになります。

またネットや本などを見ていると、カッコつけのために
書いてある英語のショートキャッチコピーの幼稚な

間違いがすごく目につくようになったり、ネイティブが
日本で見るジャパニーズイングリッシュが滑稽に

映るというツボが見えるようになってきますよ。(笑)

□■□━━━━【検証済み 英語教材】━━━━□■□

やるだけやったけど文法はもうお手上げという方や、あまりにも
文法に時間がかかりすぎている方はご参考まで。

↓↓↓
http://easy-eigo.xrea.jp/emum/

□■□━━【「3つ方法」PDF版 無料配布】━━□■□

「3つの方法」をまとめた無料レポート出来ました。
興味があればどうぞ ⇒無料配布ページはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ