36: 英語をしゃべるけど、英語ができない?!

一見、なんのこっちゃ?と思われると思います。
けど、こういう人って結構いるんです。

つまり、

話し好きの口数が多いタイプの人です。
次から次へと言葉が出てくる人・・・・

もともと日本語でもしゃべりが得意なタイプで
しゃべる能力には長けているんだと思います。

そんな人が英語をかじって、そこそこしゃべりが
でき始めると自分自身に酔ったように話がいくらでも
出てきちゃうんでしょうね。

ネイティブ馴れしていなかったり、実際の英語での
会話に結構ビビってなかなか最初は思うことが

言えないというのが、大半の人ではないでしょうか?
自分としてはそれでいいと思います。

無理してカッコつけなくて、理解した部分で、少ない
知識の中で自分の言葉で話そうと前向きな姿勢で

いれば最初はそれで充分です。

しゃべりが得意なタイプの人って、しゃべれるけど
英語が書けない人が多いで傾向にあります。

英語が書けないってことは、つまりスペルや文法がわかって
いないってことです。

それでなんでそんなにしゃべれるのか?っていうと
テキトーになんとなく、または短いセンテンスのツギハギ

言葉数を増やして、間を作らないようにしゃべり倒して
いわゆる「ハッタリ」英語です。

そうした人にもどうすれば英語が上達するのかという
質問を受けことがあるのですが、「3つの方法」について

説明しても、いつまで経ってもやろうとしないのです。

地味に机に向かうのが嫌いのか? しゃべりの場数こそが英語力を
上げる唯一の手段と信じているのか・・・・?

おそらく両方でしょう…。ヽ(;´Д`)ノ

まあ、海外旅行で英語でショッピングや買い物が
できれば、それでいいっていうのであれば、

その場限りのコミュニケーション英語で事足りる
かもしれませんが、

わざわざこのブログを読んでくださっている方は
英語やる以上は、やはりものにしようと思われて

いると思います。

また、ネイティブは楽しく、いろいろ話してくる
人に対して水を差すこはしませんが、

本人がいないところでは「文法なってねー」とか、
「何いってんのか、よくわかんねー」とか後でよく聞きます。(^_^;)

どうせ話すなら、きちんとした言葉で、一言で
スパっと的の得た返しができるようになった方が

カッコイイですし、そういう人は一目置かれて
それなりにネイティブにもきちんと対応されます。

最初からいきなりディベートができるをレベルを
目指してもムリです。

ものには順序があります。今やらなくてはならな
ことは、初心者なら基礎固めです。

文法や音読なんて本当に地味で、こんなこと
やっていてしゃべれるようになんてなるの?と

やっていると思うようになると思いますが、
目先の派手さの学習法に惑わされず、

基礎をやり続けみてください。

ほんとにしゃべれる人ほど陰で地味なことはやっています。
イザというとき英語を使って楽しめるようになるには、

陰の裏打ちされた正攻法の積み重ねがあるからこそ
なので、半年先、1年先のために今の地道な勉強が

生きてきますので信じてください。

□■□━━━━【内容検証済み 英語教材】━━━━□■□

★やるだけやったけど文法はもうお手上げという方や、あまりにも
文法に時間がかかりすぎている方にはどうぞ、ご参考まで。
↓↓↓
http://easy-eigo.xrea.jp/emum/

★音読と同じ効果で英語の語順のまま聞き取れるようになるための訓練教材。
時間を抑え上達を加速させたいという方はどうぞ。
↓↓↓
http://easy-eigo.xrea.jp/mep/

□■□━━【「3つ方法」PDF版 無料配布】━━□■□

「3つの方法」をまとめた無料レポート出来ました。
興味があればどうぞ ⇒無料配布ページはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ