4:①英文法

初心者に必要なたった3つの

①英文法
②ボキャブラリー(単語、熟語、イディオム等)
③英文音読

※3つの方法の記事は ⇒こちら

のうち、まず1つ目の
今回は①英文法です。

よく、「英文法がわからなくたって大丈夫!」をフレーズにした
教材や英語本を見かけませんか?

英会話初心者の人がそういう見出しを見ると
「やっぱり英文法を知らなくても英語は理解できるんだ!」と
当然、思ってしまうハズです。

だって中高6年も英語をやって来て、
聞き取りやしゃべりが全くできないのだから、
説得力があるようにきこえますよね?

しかし、この英文法(=英語のルール)という
英語の基礎を知らないと、いくら先々勉強しつづけても、
何をやっても上達するようにはならないのです。(実証済み)

学校で習う英文法はほとんどが文法問題を解く
テクニカルな事しかやって来ていないので、

多くの人は本来の英文法の意味ってよく
わかっていないと思います。

・・・という自分もこの根本的な事が
よくわからず、漠然と英語の中の「文法」

というなんか良くわからない、漠然とした
分野をただこなしていたにすぎませんでした。

英文法とは穴埋め問題を解くためのものではなく、
英語のルールブックなのです。

つまりこの英文法を知らないで、自分流に
話したところで誰にも理解されません。

それはルールを無視してスポーツをしても
ゲームが成立しないのと一緒です。

英文法を無視して話せるようになるなんて、
かなり無謀なことだとわかっていただけると思います。

また、よく「赤ちゃんが言葉を覚えるように」
英語を覚えるというフレーズも良く見ると思いますが、

いったん日本人ならベースに日本語がすでに基本
言語として頭に入っているので、日本語を

介してでないと他言語を学ぶ場合、理解できる
ようには絶対になりません。 

「赤ちゃん」を引き合いに出して、大人の
出来あがった脳と比較しても、全く意味が

無いです。実際に日本語を使わずに物事を考える
ってこと出来る人はいますか?ありえませんよね?(笑)

もう理論破たんしているがわかります。

お手軽さをウリにしている教材をアピール
しているんだろうとけど、

そんなのキャッチフレーズには絶対に
ダマされてはいけません!!

英文法を知らずに、たんなる経験やカン
では英語を習得するとなると膨大な

時間が掛り非効率な事だと理解いただけたんじゃ
ないでしょうか?

英文法を知らずに留学したり、英会話スクールに
通っても意味が無いというのもそのためです。

実際に、英文法を基礎の基礎から理解し、
使えるようになってくるとメチャメチャ英語の
上達度が加速してきます。

また英文法を使えるようになると、
英語を話していて言葉に詰まった時など、

英語を論理的に文章を頭の中で組み立て
られるようになるので、使えない知識の

暗記量は断然少なくて済みます。

フレーズなどを覚える際も、単なる丸暗記と違い、
理屈で記憶されるので、覚えるのも早いし、
応用が効くんです。

1つのフレーズを覚えても様々な言い方に何通りも
応用が効くようになるので、最小の努力で最大の
効果を生むようになるのが英文法が必要な一番の理由です!

レバレッジが効くってやつですね。

英文法と言っても義務教育の中学レベルが
あれば十分です。しかし完璧に・・・。

義務教育で必要な英語のカリキュラム
というのは文科省がこれだけの範囲が

できれば必要最低限困りませんよ。
とお墨付きの範囲なのが義務教育レベル。

逆にいえば、この範囲を完璧にしさえ
すれば良いのです。

しかし、やり方を間違えては学校と一緒です。
これまでと同じように文法の

問題集を解いてマル付けして英文法を
やった気になっていてはいけません。

このやり方だと結局、問題で出された形式で in が
入るか、 of が入るかといったことを

覚えても会話で使えるようにはなりません。
これが受験式勉強法の弊害なのです。

だからTOEICなどを目標にした
勉強をやってもいつまでもしゃべれる

ようにはならないと言ったのもこうした
理由からなんですね。

英会話は問題集を解くのとは違います。
文法書は問題集ではなく、きちんと読めるもの
でおこなうことをお薦めします。

それもなるべく文法用語が無く、すんなり
理解できる本がいいです。

やり方としては


文法本を読み進めて「理解して→覚える」そして
自分でそれを説明してみる。

というプロセスを常に意識しながら
行ってみてください。

ただ読んで「ああ、わかった、わかった」
と思ったところで、結局そのことを覚えて

使えなければ知らないことと一緒なので
ただわかったで終わらさず、きちんと暗記して

なぜそうなのか説明出来るまで突っ込んで
行ってみてください。

1冊の英文法の本をもう何回も何回も
ヤリ込んでください。1周目、2周目と

くり返していくうちに、新たに覚えることも
減ってくるのでこなしていくスピードも

早くなっていき、最後はペラペラとページを
めくる程度で理解できるくらいまで
やれば、自分にかなり自信がつくし、

実際に実力もついてくるのがわかりますよ。

自分の場合は「0からわかる英語」
使っていました。かなり有名な良書で

英文法が苦手な人でもすんなり読める
ので理解しやすいと思いますよ。(参考まで)

高校基礎から大学入試までゼロからわかる英語/古藤 晃

¥1,470
Amazon.co.jp

かなり使い込んでページが外れ、ボロボロになった
著者が使った文法書「0からわかる英語」

※特に超初心者の方で自分の英語レベルなど
具体的に言ってもらえればより具体的なことを
言えると思いますのでメールください。

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ