131: やることをもう一度整理してみる

英語が話せるようになりたいと

多くの人が思って英語をはじめていますが、

実際のところ、相手の言うことが聞き取れて、

自分の言いたい事が不自由なく言えて、

相手に伝えることまで出来る人は

英語学習人口からみたら、ほんの一握りです。

どんなレベルからでも、どんな年齢から始めても

英語を話せるように上達するのは可能だと思います。

もちろん自分の様なアホより賢い人の方が

上達が早いと思いますし、

何年も英語から離れていた人より、

ふだん学校で英語を習っている人のほうが

上達が早い可能性が高いハズです。

しかし、漠然ととりあえず英語の勉強をしているようじゃ、

時間だけが過ぎて、上達が実感できない状況が永遠と続くはずです。

そうなると英語に対するパッションが薄れ学習も続かないので、

たいていフェードアウトしていってしまうんです。

伸び悩んでいる人って、いろいろ手を出して

学ぼうとしているんですが、

あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ、と

やっていることがバラバラで、

アセる気持ちはわかりますが、何でそれが

今必要なのか?

一度整理してみる必要があると思います。

TOEICの問題集やって見たり、

DVDで洋画を見てみたり、

思い出したように単語帳広げてみたり、

何がしたいのかホント意味不明です。

いろいろ教材買込んじっちゃって、モッタイナイから

とりあえずやっているようじゃ、

時間がいくらあってもキリがありません。

例えば、

ネイティブと話し機会があって、

相手の言っていること聞き取れず、

いつも知っている単語をいくつか拾って、

こんな感じのこと言ってんのかな?くらいで内容を

憶測で理解しているようなレベルなら、

今何が自分には欠けていて、何が必要なのか?

筋道を立てて、自分でもう一度考えてみてください。

その核となるメインの3つくらいに絞って、

後のことは一旦忘れて、

その今必要なことに集中的にヤリ込んでみてください。

そうすれば、その後に今度は何が必要なのかが

見えてきますから…。

出来もしないことを、初心者があれこれやったところで

吸収できても、たかがしれています。

結局は確実に使えることしか、とっさに口から英語出てきませんから・・・。

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ