135: ネイティブに習う前に必要な基礎英語力

春から英語を始めようと英会話スクールを

探していませんか?

 

 

 

 

その前に自分にはネイティブから習っても

上達できるレベルに達しているのか知ることが大切です。

 

 

 

自分は英語が全然できなから英語を

習うためにスクールに通うんだから、

 

 

 

どんなレベルだって関係ないでしょ?

なんて思っていませんか?

 

 

 

英語のネイティブは万能じゃありません。

 

 

 

英語が通じにくい人には、ネイティブはゆっくり話したり、

カンタンな単語に言い換えて話すことは出来ても、

 

 

 

どうしてそうなのか?英語力ゼロの状態の人に納得のいく

説明まではできません。

 

 

 

 

ネイティブに習う以前に、英語の基礎知識が

前提となっていて、

 

 

 

 

英語の基礎知識があってはじめて、ネイティブの説明が、

その知識と結びつけることで理解できるのです。

 

 

 

実際には聞きとりレベルは、バランスが悪くカンタンなことも

聞き取れないのが実情だと思いますが、

 

 

 

まずは英語の基礎知識がないと、ネイティブはとりあえず

わかったという前提に基づいて、レッスンが進めていくので、

 

 

 

なんとなくわかった気にはなっているけど、

英語の基礎知識がないと、ネイティブの言ったことを

説明しろと言われても、実際はよくわかっていないハズです。

 

 

 

 

では、その英会話に必要な「英語の基礎知識」は、

どの程度の知識があれば必要なのか?というと、

 

 

 

経験上、英検2級1次の筆記テスト合格レベルくらい

必要だと思います。

 

 

 

 

英語力ゼロレベルから見れば、この英検2級って

結構ハードルは高く感じると思います。

 

 

 

 

また、すでに英検2級はパスしているっていう人でも、

英会話となると全然ダメという方もいると思います。

 

 

 

取得してから何年も経っている人は、それは過去の

ある一時のレベルであって、すでに忘れていろことが

多いならば、現状レベルはそれ以下です。

 

 

 

 

最低限、英検2級くらいの基礎英語知識レベルの範囲

が必要で、この知識を総動員させて英作文を書ける練習と、

 

 

 

音読を毎日の日課して続けていけば、

これだけでもかなりのレベルになるはずです。

 

 

 

このくらいあれば、ネイティブと英語のレッスンを

十分吸収できるレベルなので、自分で覚えてきた

 

 

 

英語と実際のネイティブが使う英語との違いに

気づけるようになり、本だけではわからない

 

 

 

英語的センスが身につくことができるようになって来ます。

 

 

 

 

この頃は、かなり英語が面白くなってくるときでも

あるので、

 

 

 


自分で何が足りないのか?

今後何をすべきか?

 

 

 

を自分で見つけられるはずなので

ここまで来れば、基礎的な部分は定期的に

 

 

 

 

記憶のメンテナンスをする意味で、たまに

確認する程度で、メインに会話を重視して

行なっていけば良いんです。

 

 

 

 

逆に、これ以下で海外留学やワーホリで語学学校に

通っても、英会話スクール同様、大した成果はないと思います。

 

 

 

 

これから行こうとしている人には

ショックかも知れませんが、帰国するときに

やっぱり言っていた通りだと、実感する時が

くるはずです。

 

 

 

 

日本でやるべきことをやらないで、海外に行っても

英語なんかそう簡単に身につきません。

 

 

 

 

何年も海外生活していても、英語で苦労している人は

何人も見て来ました。

 

 

 

じゃ、いつやるのか? 今でしょう! 

ヾ(@^(∞)^@)ノ

 

 

 

 

 

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

 

 

 

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ