1: なんで英語を習っているの?

みなさん知っていますか?

日本って英語の通用度は、ほぼ世界でも
最低レベルって・・・・。

でも、英語関連のマーケットは世界でも
最大だっていう皮肉な現実。

こんなにも英会話スクールや語学教材など
次からつぎへと出てくる国はほとんど見たことが
ありません。

特にTOEIC関連の本や教材は数えたら
キリが無いくらい膨大な数です。

日本では「TOEIC=英語上達」が完全に
イコールになっていますよね?!

だけど、本来TOEICって英語の勉強の
目的ではないはずです。

だけど、これまでの受験社会の弊害か

「TOEIC高得点=英語話せる」みたいになって
いますが、TOEICができても、英語全てに
精通しているわけではないんですよ。

そのいい例が・・・

以前テレビにイングリッシュモンスター
だか、TOEIC満点25回更新している

というTOEICオタクの菊地健彦
っていう、おっさんが出ていましたが、

その彼がゲストにフィリピン人の女の子(英語完璧)
に英語で話しかけるという場面がありました。

その時、その女の子は、何を聞かれたのかわからず、

通訳に何て言ったか聞き返していました。

スタジオにいたゲストにカッコイイところを見せようと、
したのが、

逆に赤っ恥をかくハメになり、本人も苦笑いして
いたのを覚えています。

これはテスト英語高得点者=英語話せる ではないことを
証明していた一件でした。

日本人ならTOEIC満点を25回も?と
もてはやされて、テレビにも主演して

いるのだろうけど、テスト英語は出来るけど
しゃべれないおっさんなんて奇妙でしかないです。(笑)

就活、進学、昇進等で履歴書や経歴に資格としての
書くネタが欲しくてTOEICを受ける大学生や社会人も

いるかもしれませんが、英語が話せるように
なりたいのに、

TOEICを勉強しているなんてナンセンス。

スピーキングがないテスト勉強して、どうして
話せるようになるのでしょうか?

確かに点数は英語力のバロメーターになる
から点数が上がれば英語力が上がった気に

なりますが、テスト力が上がっただけで英語が
しゃべれるようにはなりませんし、現実にこれだけ


TOEICが繁盛しているのに、日本人の英語通用度が
上がって来ているという話は聞いたことがありません。

自分の経験から言うと・・・、

英語が話せるように
なりたいのなら、TOEICの勉強をやめることです。

逆にいつまでも続けている限り、英語はしゃべれる
ようにはならないと断言します。

そうなると点数という目標が無いと、何をやれば
いいのかわからないという人は、完全に受験社会の

犠牲者と言ってもいいですね。(笑) 

もう完全に思考停止状態になってしまっています。

とりわけ英語が話せるようになりたくて、これから
英語の勉強をはじめようとする人は、

TOEICの勉強から入るのだけやめましょう。^^

時間とお金のムダです。業者をもうけさせるだけです。(;´Д`)ノ

TOEICオタクだっていうのなら止めませんが、
英語が話せるようになりたいのに、話せない人の

後に続いて同じことをやっても、効果がないのは
目に見えています。

どうせやる以上は効率よく英語をマスターしましょう。(‘-^*)/

続く・・・

オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ