111: 自分にとって英語学習は自己投資?たんなる消費?

あなたは英語を学習して、何をしたいのか

考えたことがありますか?  ( ̄Д ̄;;

将来海外で働きたい。

TOEIC、英検のため

海外の友達が欲しい

留学準備のため・・・・

人それぞれ目的は違うと思います。

英語を勉強すること自体は、決して悪いことでもありません。

英語をやるうえでそれなりに、本を買ったり自分の時間を

削って、英語に時間を費やしたりしているわけですが、

その時間もお金も自分にとって、何なのか考えた

ことがありますか?

つまり、

それらは自己投資なのか?ただの消費しかないのか?

ってことです。

例えば

将来、海外で働きたい と思って勉強するのは

良いですが、

その仕事に就けたら、ゴールなのでしょうか?

実際、働いてその先に何がしたいのかが、見えないと

なかなか「海外で働く仕事」に就く、レベルまで到達しない

のが現実です。

要は、英語を学ぶモチベーションの問題でその先の目標に

具体性がないと自分で英語が使えるようになるためには、

じゃ、どうすれば良いんだろうか?となかなか頭が働らかず、

創意工夫ができないんです。

そうなると、具体的な目標があり、それに向かって

こういう時には、こんな事が必要だろうなと常に考えながら

楽しく英語をやり続けられる人と、義務的に続ける人とでは

1年後、2年後にはその差がひらくのは目に見えます。

また、大切な自分の時間やお金を費やしているわけですから、

英語学習そのものが目的だと、たんなる消費で終わってしまいます。

そんなのってもったいないと思いませんか?

英語が使いこなせるようになれば、

これまで日本に居ては日本語でしか会話できる人としか、

知り合える可能性が無いのが、英語ができることで、

仕事もそうですし、知り合える事のできる人の数が

世界中で劇的に増える可能性を秘めています。

英語を身につけることで、自分の未来の可能性が何倍も

増せるようになったりと、

その先の自分の未来のために、英語をやっているというのが

自己投資としての英語学習です。

これまで知らなかった世界を知ることができると、

知的好奇心が刺激され、もっと楽しめる自分を

イメージできるようになり、プラスのスパイラルに乗り、

上達も加速していきます。

日々の学習は味気ないものでも、視野を広く持っていると

その味気ない毎日の学習の意味を見出せるようになる

はずですし、またそれを楽しめるようになると思います。

ちょっと英語のモチベーションが停滞気味の方は、

自分は何がしたくて、何のための英語学なのか?

今一度、考えてみるのも良いと思います。

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ