19: 英語が上達する人としない人は何が違うのか?

これだけ世の中、英語に関心のある人は多いのに
英語が使えるようになっている人は、
その中でもほんのひと握りです。

学ぶ環境はほとんど差がありません。
お金を掛けたからって、上達できている
わけでもありません。

これまでも書いてきた通り、英語を話せるように
なりたいのに、的外れなことをやっている人が

多いということも言ってきました。

しかし、究極な事を言えば、上達しない人は
英語を話せるようになりたいという

本心からの目的意識がない。∑(゚Д゚)

字幕なしで映画を見たいとか、街で
英語で話しかけられて、流暢に
返答できるようになりたい。と言うかも

知れませんが、それは目的ではなく
単なる願望でしかないんですよね。

現実的でかなりシビアなこと言いますが、
おケイコ事感覚でやっても、英語は身につかないです。

かなりガチでやらないと英語は話せるようには
ならないです。

お手軽教材で、英語を要領よくなんて、
そんな虫のよい話は絶対あり得ません。

「英単語が○○語あれば英語は話せる」を謳った
キャッチコピーの教材などありますが、せいぜい

英語で行き先を尋ねたり、お店でメニューのオーダー
できるレベルで満足というのであれば、

付け焼刃的なやり方でいいかもしれませんが、
やっぱり英語をやる以上、

「普通に聞けて、話せる」ようになりたいはずです。

それには英語に対する目的意識がないと、英語は
毎日つづけられないし、長期間続かないと思います。

「最近忙しくて・・・」と英語をやらない理由を
言う人がいますが、じゃ、忙しくて、食事する時間も、
テレビ見る時間もないのでしょうか?

結局、英語をやらないことで上達しないのは、
自分自身ですし誰も困りません。

所詮、何かを理由に英語をやらないのは、

その人にとって、別に英語が出来なくても

支障がなく、そんな必要としていない証拠なんですよね。

(((( ;°Д°))))ドキッ!

本当に目的意識や必要性があれば、英語学習を
義務でやっているわけではないので、苦ではないし、

楽しめながらやれているはずです。
 
絶対、途中でやめることはないと思います。

目的も無く漠然とやっていたり、会社で強制的にとか、
仕方なくやっていては、ゼロから英語が使えるレベルまでは

到達することはまず難しいと思います。 

かと、言って

「英語を好きになってください。」と言ったとところで
全く意味をなさないので、イヤイヤやるならば

自分の好きなことに時間も労力も注いだ方が賢明です。

自分の場合、全くのゼロレベルからストレスなく
英語で用が足せて、そこそこ納得できるように

感じるまで、10年はかかったと思うので、

半年、1年で結果を求めるのは無謀です。Σ(・ω・ノ)ノ!

日本語だって10年で小学校4年生レベルです。

目先の結果を追わず、英語を始めた以上は

常にやり続けて、止めたらもう終わりだと

認識しないと、英語学習は忘却と新たなことを

覚え続けることとの自分の中での戦いです。

上達してくれば徐々に新しく覚えることは減っては

来ると思いますが、もう完璧ということはないんです・・・・。 p(^-^)q 

※英語が出来ない人のお気持ちは十分わかっています。
ひとりで悩まずお気軽にご相談メールは ⇒こちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ