186: 英語を学ぶ=フィリピン が全盛のワケ

かつては語学留学といえば、

アメリカやイギリスでしたが、

その後、治安的な問題から、

比較的安全なカナダ、オーストラリアやNZ

に人気が移ってきました。

そして、さらに日本人が多い国を避けるように

アイルランドなど、ややマイナーな国へと

分散する傾向にありました・・・。

そしてここ数年、欧米諸国ではなく、

なぜか英語を学ぶのに「フィリピン」が

注目されています。

一番の理由は、やはり学習コストでしょう。

欧米で習ったからって、話せるように一概には

ならないので、だったらもっと安いところで・・・

という発想に変わってきたのかもしれません。(^▽^;)

コストが安い以外に、

そもそも何でフィリピンが選ばれるように

なったか?というと、

後進国でありながらも、大学進学率は意外と高くて、

留学やアメリカへ移民した人の逆流入など、

完璧なアメリカ英語のアクセントで

話せる人が結構いるんです。

アメリカの通販会社では、コールセンターを

フィリピンに置いて、

購入者が電話すると、実はフィリピンにつながる

ようになっているなんていう会社も多く、

購入者はアメリカ国内と思いきや、実はフィリピンのスタッフだと

知らずに、話していたりするんです。

もちろん、完璧なアメリカンアクセントの話せる

フィリピン人を選んでスタッフとして雇っているわけですが、

まさかフィリピン人だとは見破られないくらい

流暢に話せるという裏返しでもあるんです。

そこに目をつけ、韓国と日本の業者が

こぞって安さを全面に押し出し、

短期留学や、スカイプでフィリピン人講師の

英会話が盛り上がっているのが今の現状です。

だけど・・・、

何度も言っていますが、

方法論ばかりが、先行して本当の

「英語の上達」という中身の部分が全然語られないんですよね?

とりあえず、英語を話せるようになるには、

「たくさん話すのが一番」という前提がもとに

なっていますが、

多くの人は、何も疑わずまずは学校選びからみたいなところから

すべては始まっていて、

出だしの根本が間違っているので、

いくら的外れに学校選びを熱心にしたところで、

そんなの業者の思うツボで英語の上達とは全く関係無いんですよ。

英語の基礎力も身につけずに、ただ漠然とネイティブに

習ったところで、ほとんど無意味です。

しっかりした英語の基礎力無しに

英語の表面上のしゃべりの部分だけ増やしたところで、

知識はほとんど蓄積していかないので、

アメリカだろうが、フィリピンだろうが

関係なく、そんなのどうでもいいことなんですよ。

まずは自信が持てるくらいに、

英語の基礎を積み上げていくことが先決です。

チョットしたフィリピン英語の過熱事情でした・・・

余談ですが、某米系PCのカスタマーセンターは

中国につながり、日本語が話せる中国人スタッフが応答します

しかし、中国語のアクセントですぐわかります。

そして、終いにいろいろ聞いても手に負えないと、

「再インストールしてください」という・・・

それをやりたくないからTELかけているのに・・・。\(*`∧´)/

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ