191:最初にNHKラジオ講座をやらなかった理由

中学生なんかはNHKラジオの基礎英語を

聴くようにと薦められたり、

 

 

英語勉強するのに、「何をやったらいいですか?」と

いった質問に、

 

 

決まって

「NHKラジオを続けていれば ”継続は力なり”で実力がつきます。」

 

みたいな記事や書き込みをよく目にします。

 

 

NHKのラジオやテレビの英語講座は、

その扱っているコンテンツ自体は良いと思っています。

 

 

しかし、たいていはストーリー仕立てで、

入り込みやすくて、シンプルで初心者には

続けていくための工夫が盛り込まれて思いますが、

 

 

項目や単元ごとにまとまっていないので、

知識の整理ができにくいんですよね。

 

 

後で振りかって、とりあえず続けても、

漠然とやった感しか残らないんですよ。

 

 

 

これまでも英語が話せない無いと思うなら、

英語に接している絶対量が足りないと

何度となく書いてきましたが、

 

 

根性論ではなく、非論理的なことを続けても

時間がかかりすぎて効率が悪いわけで、

 

 

やはりやる以上は、知識の引き出しをつくりやすい

ように、体系的に学ぶことは大事です。

 

 

 

英文法を各項目ごとにきちんと理解して、

頭の中で整理できて、

 

 

それの覚えた知識を使えるように、音読など

アウトプットする作業で、覚えたことが生きてくるんです。

 

 

確かにNHKラジオ講座は1年続ければ、かなりの

量をこなすことになります。

 

 

 

しかし、

 

それよりも自分の決めた文法書なり、テキストを

10回転、20回転も何度もくり返した方が、

 

 

覚えた英語の知識を使えるようにするための

学習になるわけです。

 

 

 

もともと自分は右脳人間で、直感やインスピレーションで

うごいて、フレーズの丸暗記が英語は一番だよ。

 

 

 

なんて言うのを聞くとすぐに真に受けてしまって

疑いもせずやるなんてことを散々やってきたから

分かるんです。

 

 

 

面倒だとか、イヤだからと安易なやり方に逃げている

以上、結果は出ないんです。

 

 

 

「AだからB」、「BだからC」 と理屈がともなうことを

やらないと、確実に結果を残していくことができないと

わかり、

 

 

 

論理的思考の左脳人間に自分を切り替えないと

ダメだなと気づいて以来、実践してしてきたんです。

 

 

多くの人が絶賛していようとも、どうしても腑に落ちないと

思えば、自分を信じて自分の考えで筋道を立て、

 

 

実践した方がいいです。

 

 

 

なんか違うと感じればどんどん修正して行けば

いいだけなので、人が薦めるってだけの理由で、

 

 

 

考えることもしないで、

従うのは、何も変わらなければあとで自分が後悔します。

 

 

このブログに書いてあるのも胡散臭いと思えば、

やる必要ないと思います。

 

 

しかし、誰かの受け売りでもなく、自分自身が実践して

効果があったことだけを書いているので、効果そのものは

疑いのない事実です。

 

 

ちなみにNHKラジオで1年間のテキストを一冊に

まとめた書籍が売っていますが、

 

 

ラジオ講座自体はやっていませんでしたが、

読みまくって音読でもう読むものがなくなって、

 

 

NHKラジオの「上級英会話」の

書籍版のテキストを音読用として使ってはいました。

 

 

 

 

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

 

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ