210:続かないなら期限を決める

英会話が使えるようになるには、

始める時のレベルやモチベーション、

その人によっての必要性など

同じことやっても伸びる人、伸びない人様々です。

究極なことを言えば、「続けること」が一番大事で、

学習を辞めた時点でもう終わりなわけです。

続けられなくなってしまう理由は何かと言えば、

「忙しくて・・・」と時間がないことを言い訳に

する人は多いですが、

忙しいと言いつつも、友達や同僚と飲みに時間が

あったり、テレビやネットをダラダラと見続けたりする

時間はあったりするわけです。

逆に毎日10時間勉強出来る時間を与えられて

いたとして、

あなたはその10時間フルに英語のための時間に

使っていると思いますか?

また10時間机に座っていたとしても、

そのうちの本当に集中していられる時間って

たかが知れていると思います。

時間があれば英語が伸びるってもんでも

ないんですよね。

特に一番敬遠しやすい英文法に関しては、

最初の数ページで止まってしまって、

なかなか進まないという人は多いと思います。

自分もかつてはそうでした・・・。

何回転もくり返し、くり返し学習することを

推奨していますが、

取り組む時間の間隔が空いてしまうと

すでにやったことでも忘れてしまうので、

まさしくページが進まない「永遠のゼロ」状態が続くわけです。(;^_^A

例えば2ヶ月で文法書を1冊を終えると決めたとして、

それを更に分割すると、1週間当たりで○○ページやらないと

終わらないわけで、

その分量がノルマとして自分に課し、

期限を決めて絶対に終わらせるように

するのです。

最初の1回目はものすごく大変ですが、

2回目、3回目・・・・

20回目だと一週間もかからず一冊終えるようになります。

過去にも何回か書いていますが、その際シンプルな

文法書をやった方が良いです。

「FOREST」みたいな、字が細かく詳しいのは

全部出来ることに越したことはないですが、

最初からそんな膨大な情報不要です。

そもそも何のための「英文法」か?といえば、

日本語→英語の文章を組み立てるために

必要なわけで、受験勉強ではありません。

幅広い英文法の知識ではなくて、

中学レベルの限られた範囲を、

英会話でとっさに英文を組み立て使いこなせる

ようになるには、

狭く深くやることの方が大事なので、

へんなところにこだわって、ダラダラ時間を

費やすようなことは最初からやることではありません。

そんなに狭い範囲で大丈夫なの?と

心配する人もいるかもしれませんが、

そんな時間があれば1回でも多く、

くり返すことを考えた方がいいですよ。

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ