259: 洋楽完コピの英語訓練のススメ

 

 

いまや手軽にYOUTUBEで
いろんなアーティストのプロモーション
ビデオが観れます。

 

 

カラオケにわざわざ行くまでもなく、
そのYOUTUBEで手軽に音楽聴きながら、

 

 

 

自分も歌って曲をシャードーイングして

英語の学習の一つとして完コピすることを
効果があるのでオススメします。

 

 

 

基本、好きな曲何でも良いとは思いますが、

RAPやHIPHOP系は何言っているのか
ネイティブでも聞き取れなかったりするので、

 

 

 

最初にやるのはハードルが高すぎるので
オススメしません。

 

 

 

スローバラードやミドルテンポの曲から
始めた方が良いと思います。

 

 

 

これをやる意味は、
要は、曲に合わせた音読です。

 

 

 

曲にノッてやることで記憶しやすいし、
やっていて楽しいし、曲通りに歌いきれると
結構、達成感がありますよね。

 

 

 

単に英語学習という意味だけでなく、
何か自分の十八番の曲でもつくっておくと、

 

 

 

もしカラオケでも行く機会でもあれば、
英語の曲も自信を持って歌えるし、

 

 

 

万一、外国人や海外に行ってカラオケでも
行く機会があったときに、

 

 

 

何か一つでも英語の曲を歌えれば、
会話のネタにもなるし、歌えて損はないハズです。

 

 

しかし、

 

 

一番のメリットは英語を聞き取る
リスニングのセンスが身につくということです。

 

 

 

どういうことかというと・・・、

 

 

ちゃんと歌が歌えるということは、
歌詞がきっちり歌えるように練習するわけで、

 

 

 

歌詞と実際の歌の音声とのギャップに気づく
ようになるはずです。

 

 

 

曲によっては、1小節に字数が詰め込まれていたり、
曲調が早くなったりして、

 

 

実際の英語の歌詞と音声がイコールとして
聞き取れない部分が多々出て来ると感じます。

 

 

 

特に音読してまだ間もない人や、怠けている人には
この歌詞と音声のギャップが多く結構ストレスだと思います。

 

 

だけど、当たり前だけどネイティブには普通に聞けているのです。

 

 

 

自分もこの歌詞と音声のギャップが聞き取れず、

「なんでネイティブにはこの違いが聞き取れるんだよ?」と

 

 

 

聞こうにも聞き取れないモヤモヤした感情を常に持っていて、
「本当に聞き取れるように自分がなるのか?」と、

 

 

当初は全く想像ができませんでした・・・。

 

 

 

もちろん単語やフレーズの意味がわからないと
何回聞いても意味は出てこないので、

 
ただくり返すだけでは、わかるようになりません。

 

 

 

カンタンな基本単語でさえも、英文として
センテンスになると音が変化してしまうのです。

 

 

 

英語を個々の単語単位のスペルで聞き取るのではなく、
音のかたまりで聞いて、そのかたまりから各単語を
何を言っているのか分解するのです。

 

 

 

そして、単語のスペルと音声のギャップの差を理解して
スペルに引っ張られないで、自分の声で言える
ように練習するのが、歌を完コピするのが目的です。

 

 

 

この練習ポイントがわかってくると聞きどころが
わかってくるので、

 

 

 

何も考えず英語をただ多く聞いて、そのうちわかるだろうと、
漠然と聞いている人と、

 

 

 

このポイントを意識して聞くのとでは、大きな差が
出てきます。

 

 

 

勉強している感覚なく、曲に合わせて
歌えるようにすることで

 

 

 

楽しみながら続けられるので、
是非あなたも取り入れてみてください。

 

 

 

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

 


英会話 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ