60: 常識を疑ってみれば、真実が見えます

英語人口がこれだけいて、こんなにも
英語に触れる環境がありながら、

なんで話せるようにならないのか?

まわりに流され、常識を自分の中で
作り上げて何も疑わず、右にならえじゃ、

結果は目に見えています。

日本人は英語が話せないと長い間言われつづけていて、
ぜんぜん状況は変わっていません。

最近日本人は英語が話せるようになってきた
とは、聞いたことがありません。

結果がすべてを物語っています。

効果なし・・・・って、(。>0<。)

世の中の多くの英語を語っている人の
肩書」で判断していけません。

ネイティブが教える・・・、

東大卒の・・・・

TOEIC満点者による・・・

初心者にとって、水戸黄門の紋処のように
その肩書を見たら「ハハーっ」と膝まづくのも

わかります。

しかし、

自分が習うのが長けている人が、
教えるのが上手いかは別です。

わからない人は、何がわからないかを
理解しているとは限りません。

そんな英語本ばっかりで実際使ってみても
現実はこのありさまです。

特にネイティブの教え方は論理ではなく、口数が
英語上達の全てのような教え方しかできないので、

その場かぎりのリピートアフターミー式の

わからないなら、オレを真似て言ってみな!

ってな感じです。

ある程度、英語が出来るレベルにある人には
実践英語としてはネイティブ効果はありますが、

ただ話せと言われて、やみくもに話しても
効果もなく、

だけど常識は

英語を使うネイティブに習うのが一番 と

誰も疑いませんよね?

多くの人が結果を伴っていないのは
間違った常識であることを証明しています。

情報が多すぎて、何を信じればいいのか
わからないくなっているというのもありますが、

一回、ゼロベースで見直して見た方が
いいですよ。

いろいろお金かけたからもったいないというのも

あると思いますが、無駄なことに時間を
掛ける方が、もっともったいないです。

英語への目標は大きくても、そのプロセスは
現実的じゃないと上達していきません。

初心者の方は、人から英語を受け身で習っても
納得・感心はするけれど、その場かぎりで

身に付きません。

最初は、わからないことだらけですが、
ほとんどが基礎知識がぜんぜん足りていない

ことが原因です。

わからないことがあればネットで検索すれば
たいていは解決できますんで…。

”音読”だけは暗記ではなく、思考の刷り込み

なので、こればっかりは毎日やり続けるしかありませんし、

これがないと英語の聞き取りはいずれ行き詰ッてしまいますんで、

英語の思考が身に着くまで絶対辞めちゃいけませんよ。

文法
語彙
音読

この三本柱無しに何やっても結局、英語は
ゼッタイ伸びません。

これはホントです。

”常識”ではなく、100%実際の自分の経験で

言い切れます。 ( ̄▽+ ̄*)

これらの基礎を完璧にすると、
その後の、英語の吸収力が加速し始めます。

ネイティブと話していても、聞くポイントが
わかるようになり、

余裕が出来る→アセらず聞ける→返答にも余裕

→コミュニケーションの円滑に進む。

と、英語が上手く回っていくようになっていきます。

※英語の勉強法などご質問、

ご相談があれば些細なことでも上記の

ご相談メール」ボタンからお気軽にお送りください。

基本24時間以内に返信いたします。

(なるべく具体的に書いていただければ、
それだけ詳しくご返答出来ますので宜しくお願いします。)

*内容確認済み推奨教材

◆音読効果をさらに加速。

英語の語順のまま英語が聞ける思考回路をつくる教材。<参考まで>
 ↓↓↓
 http://easy-eigo.xrea.jp/mep/

font color=”#FF0000″>案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ