58: そんな辞書の使い方じゃ、モッタイない

ネットの辞書機能や携帯アプリなど

今はいろいろな手段で辞書を使える

ようになってきましたが、辞書を意味だけ調べて

終わらせちゃっている人いませんか?

(じゃ、他に何を調べりゃいんだよ!)(・ε・)

初心者の場合、確かに知らない単語を調べ、わかって

モヤモヤ感がすっきりしたとたん、すぐページを閉じてしまう

のもわかります。

だけど、

どうせ手間かけて、調べたのなら、そのついでに

次につながる知識も同時に仕入れちゃってください。

まず単語で知るべき優先順位の一番高いのは「動詞」。

名詞は確かに知らないと全く歯が立ちませんが、

文章や音声を聞き進めていけば、その前後関係で

ある程度の意味が推測可能な場合が多いですが、

動詞はその文章を結論づける決定的な部分なので、

優先順位としては名詞より、まず先に押さえて言った方がいいです。

英和辞典で意味を引いて、「動詞」の場合、意味を確認して、

その次にやることは

1:過去・過去分詞形を確認(初心者は特に)

2:(Vi)自動詞か、(Vt)他動詞かを確認

そして他動詞なら目的語が

3:To不定詞を取るのか、動名詞を取る動詞かを確認

を最低限チェックするクセをつけるようにしてみて
ください。

(そんなの別に重要じゃないでしょ?)┐( ̄ヘ ̄)┌

とか、言ってる方いませんか~?

おそらくそういう人は、まだ文法に取り組んでいない人か、

文法の必要性が自分の中で消化しきれていない

人だと思います。

逆に「なるほどね」と思われた方は、結構

文法を使いこなせている人か、英語を組み立て

が出来る人だともいます。

言いたい事を英語にする際には、

まず

主語が何で、次に動詞が来て

時制は何か?

自動詞か?他動詞か?熟語で使えるのはあるか?

自動詞なら前置詞は何か?

目的語は何が来るか?

といった発想が瞬時に頭を駆け巡る

ハズですので、

その必要性がわかっていないと、

「なぜ、そんなの重要なの?」となるんです。

辞書を引くのは手間なので、これらを

習慣づけていれば、ここでもレバレッジが

効いた学習法になるので、是非次回から

実行してみてくださいね。

ちなみに基本的に良く使われる

不定詞を取る動詞、動名詞を取る動詞

というのがあるので、

通常の会話程度ならそれらを覚えおけば

たいていカバー出来るので、この程度は

この際、覚えちゃってください。

*不定詞を目的語としてとる動詞

hope to do

decide to do

wish to do

want to do

offer to do

promise to do

refuse to do

agree to do

learn to do

fail to to

*動名詞を目的語としてとる動詞

mind ~ing

enjoy ~ing

finish ~ing

avoid ~ing

practice ~ing

deny ~ing

escape ~ing

give up ~ing

imagine ~ing

suggest ~ing

put off ~ing

admit ~ing

miss ~ing

stand ~ing

・・・・まだ、よくわからない人はいると思います。

やみくもにこれらを覚えても意味がないので、文法書で

「自動詞、他動詞」の項目で流れを押さえたうえで、

覚えてみてください。

あせらずに・・・

□■□━━【「3つ方法」PDF版 無料配布】━━□■□

「3つの方法」をまとめた無料レポート無料配布中!
↓↓↓
無料ダウンロード

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ