25: 英熟語、イディオムを使える知識に変える方法 1

学生時代や受験勉強で英熟語やイディオムを
暗記して来たという人は多いと思います。

だけど、あんなに苦労して覚えたのに
時間が過ぎれば「もうすっかり忘れました。」では、

モッタイナイです。

この英熟語やイディオムは
実は英会話で使える要素が満載なのです。

しかし、これまでは穴埋め問題用として覚えて
きていて、英熟語、イディオムを覚えるポイントが

(  )に of になるとか、 in になるとか、
いかに設問で回答できるかを意識して暗記してきたけど、

英会話でいかに使えるようになるか?
なんて意識していなかったと思います。

ただ覚えただけで使えなかった埋もれて
しまっている知識を使える知識変える作業を

行うことで、最小の労力で最大の効果を得る
レバレッジの効いた勉強法になります。

これをやらないから、偏差値70東大生といっても
英語がしゃべれないという皮肉な結果になるんです。

ちなみに自分は英語を始める時点では

偏差値25でした。 

(↑そんな偏差値が存在するんか~っ。ホントです。)(´д`lll)

英熟語やイディオムは会話で使用頻度の低い
単語を多く覚えるよりも断然、英会話に使えます!

ネイティブでも普段使わない小難しい単語を
知っているより、英熟語やイディオムは使用頻度が
高く、かなり使えます。

英熟語やイディオムが使える知識
変わってくれば、リスニングしていても

ひんぱんに出てくることに気づきますし、
自分自身も会話で使えれば、ネイティブ相手にも

自分の言いたいことが伝わりやすくなったと
実感するようになってきます。

では次回、具体的にどうすればよいのかを

ご説明します。

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ