30: 英語が聞き取れない理由には3通りの違い

英語が聞き取れない。と言いますが、
聞き取れないにも大まかに3通りの

違いがあります。それによって何が
足りなくて、どうすればよいのかが

変わってきます。

まず1つ目は

「ボキャブラリーの不足」によるものです。

初めて聞いた英語が 見たことも、聞いたこともない
単語やイディオムなど多く、何言っているのか
わからない事による聞き取り不能パターンです。

これは、ボキャブラリーの絶対量が少ないか、
面倒くさがってやってきていない人です。

ただ英語を聞いていたって知らない単語の
意味が自然と頭に浮かんでくるハズもなく、

また、きちんと手で書いて覚えなかったり、
スペルを覚えず何んとなく英語をやって来た人は

手抜きせず地道にやってみてください。

2つ目は

「もう何言ってんだかパニクってわからない。」

というお手上げ状態。

すべてが足りないと言ってしまえば、それまで
ですが、多少なりとも英語の勉強してきて

このような状態だと、文法がよくわかっていなかったり、
「英文音読」をやってきていない(=英語の語順のまま
聞き取れていない)

ことが理由にあげられます。

英語の語順のまま聞き取るための教材なんかもあります。
興味があれば参考まで ⇒こちら

最後3つ目が

「英語の音声そのものが聞き取れていない」
(=英語耳が出来ていない)

ため理解不能な場合です。

これは前者の2つともクリアしていて
どうしても聞けない音が多々あって

英語を聞いていて、全体が見えてこない
という人です。

例えば、

「アイ ガッタン デェ ア」 と聞こえた場合、

I ‘ve gotten there

I’ve (= I have) の アイ(ブ) と言っているのに

have が消えて聞き取れない。など

英語特有の無声音等が多く、聞いていて
英語の文脈やつづりが見えてこないと思います。

これは英語は高音域の周波数の言語で日本語では
もっと低い周波数のため、日本人には聞き取れにくいと

言われていて、英語の多聴だけでは聞き取れるようには
なりません。 特別にピンポイントで聞けない音を聞くため

対策を講じる必要があります。

英語音声を聞き取るための教材なんかもあります。
興味があれば参考まで ⇒こちら

蛇足ですが、

一般的に「私、英語は聞き取りは出来るんだけど、
しゃべれないんだよねー」という人の

「聞き取れる」はたいていの場合、何となく
キーワードの言葉を聞き取って、何て言っている

のか、推測でわかる。 の意味の人が
ほとんどで、厳密に意味がわかって、

英語の聞き取りができる。という人には
会ったことがありません。

「3つの方法」をまとめた無料レポート出来ました。
興味があればどうぞ ⇒ダウンロードはこちら

□■□━━━━【内容確認済み教材】━━━━□■□

※自分でやるを基本にしますが、あまりにも非効率が続くのであれば、
実際に確認した数少ない「3つの方法」との相性の良い教材もあります。

◆英語の語順のまま英語が聞けるようになるための教材
 ↓↓↓
 http://easy-eigo.xrea.jp/mep/

◆英語の聞こえない音声を聞き取るための教材
 ↓↓↓
http://easy-eigo.xrea.jp/lpower/

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ