59: 英語を使う会社の働く現場では

英語を勉強している人は将来、英語を使った

仕事に就きたい、またはそういった会社に

転職したいということを目標にしている人も

少なくないと思います。

自分は国内の某貿易専門商社とメーカーの

海外営業部で以前働いていましたが、

また転職する際もほとんど英語の面接が

あるところばかり、受けた経験からして

どんな面接が行われるかというと、

面接前に英語の実務のテストを課すところ

あり、それに基づいた英語の面接をしたり、

いきなり、英語で始めるところと様々です。

しかし、勘違いしてはいけないのは、

ほとんどの会社は、やはりいかに自社に利益をもたらすか?

ということを、

根掘り葉掘り聞いてきます。もちろんそれを英語で・・・

当然まともな英語を使えているか

というのをチェックしている部分もあるので

英語での面接をしていると思いますが、

英語が話せる=面接合格 ではないです。

実務で英語を使うということは、使えて当たり前

が前提になっているので、学校みたいに

英語に関して重箱の隅をつつくようなことは

ありません。

職場でもバンバン、メールや電話が海外から

来るのでそうした中、イザ入って電話取れないから

○○さん代わって~って、事務のコのように
すぐ誰か他の人に最初からまわしてしまっているようでは、

先が思いやられます。

TOEICの点数が高くても、電話も取れない人が
いるのも現実で、表面上、英語やってますとか

言っても、テスト英語は所詮ぜんぜん現場では

使えないんです。

その業界の専門用語や業界用語などは、その都度

覚えていかなくてはならないですが、

英語で捲し立てられても、聞き取れないと

入ってからかなり苦労するハメになりますね。

しかし、現実問題として会社を受けるのに履歴書に

TOEICの点数が必須だったりと、TOEICが条件に

なっているところもあり、TOEICなしでは面接まで

たどり着けないなんてこともあり得ると思います。

単に会社側が第三者による客観的英語力の評価が

欲しいがためにTOEICの評価を採用しているは

理解できますが、現実の英語とTOEICテストとの

ギャップが大きく、英語を学ぶ側からしたら両方は

結構な負担になりますよね。

先日、ネットである記事を見ていたんですが、

ネットビジネス界では有名な和氣氏という

20代なんですが、年商1億円を一人で売り上げる

かなり切れ者の方がいるのですが、有名なので自分も彼のことは

知っていましたが、その彼が英語のTOEIC教材を出して

いるとあり、まあよくあるヤツだなと思って見ていると

TOEICはテクニックだ」と言い切って、テストである以上

点数とってナンボだといったコンセプトからつくられた教材で、

彼が留学したときに教えていたネイティブの講師がいて、

その講義を受ける生徒の多くがTOEICの得点がアップするらしく、

その講師の教える授業の内容はTOEICの得点をテクニックで

上げるというもので、それをまとめてピンポイントのTOEICテクニック教材

作ったとのことで、万一効果なければ返金保証するほどの自信ぶり。

実際にビジネスでも結果を出している彼らしい無駄のないスマートな

思考だと感心しました・・・。

英語を話せるようになるとは、関係のない無駄な労力は

極力やめて、手っとり早く終わらせて、

本当に使える英語のための学習に時間を費やすべきです。 ( ̄ー☆

 

あまり報われないテスト勉強にコツコツとマジメにやっても

要はそれが使える英語かどうかが重要なので、

話せるようになるための英語

の勉強に時間を費やすようにしてください。

へんにTOEICの得点にこだわっていると

いつまでも英語は使えるようにはなりませんよ。

ましてや、実際のビジネスでは・・・・。

そんなわけで、「3つの方法」はホント英語を話すための正攻法です。

(手前味噌ですが・・・)(;^ω^A

諦めずに続ければ絶対に効果は実感出来るので、

まだ実践していない人は、是非やってみてくださいね。

□■□━━【「3つ方法」PDF版 無料配布】━━□■□

「3つの方法」をまとめた無料レポート無料配布中!
↓↓↓
無料ダウンロード

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ