163: 勝手なことするから伸びないんです

これまでも無料レポートをベースに

いろいろな角度から、やり方やこれまで

何で伸びないのかなど書いてきました。

ハッキリ言って、ゼロレベルから英語をはじめるならば

これ以外あれこれやっても無意味なので、

他はやっちゃダメくらいのことを書いた来ました。

だけど、知識を覚えて、自分の中に吸収して

使えるようになるまでには、時差があります。

例えば、

文法テキスト3ページやったからって、次の日に

その3ページ分上達するのか?って、

一回、見聞きしたことは絶対に忘れない天才肌の

人以外、そんなことありません。

自分の場合もそうでしたが、2、3日中には

半分も覚えていないんじゃないでしょうか?

感覚に頼らず、論理的にいいたいことが言えるには、

漠然とした知識ではなく、確実な知識を身につけないと、

アドリブで瞬時に日本語→英語に組み立てることは

出来ないのです。

また、

フレーズパターンだけ丸暗記して覚えても、

なぜそのフレーズが成り立っている理屈が

わかっていないから、応用が効かないんです。

英語学習やっていて、すぐに結果が出ないから

不安になり、違うことに手を出したくなるんだろうけど、

じゃ、今やっているその文法のテキスト何回ヤリましたか?

と、聞きたいです。

ブレブレになってしまうほとんどの人は、

2回も終えてなかったりします。

そんなのぜんぜん話になりませんよね?

もう40回、50回とか、それくらいやり込まないとダメです。

自分は頭が良いと自負しているなら、まだしも

自分のような凡人以下と自覚しているなら、

人の2倍も3倍もやらないと結果はついてきませんよ。 ┐( ̄ヘ ̄)┌

「40回、50回って、そんなに出来るか?」と

思うかもしれないけど、

1回目を終わらせた時間と50回目の進度は全然違います。

最初は知らない知識を理解して、覚えるって、

かなりしんどいですが、

回数が増えれば、忘れている部分を

覚え直すだけになってくるので、

最初は1ページ終えるのに、20分とか

かかっていたのが、

40、50回目となると5分で10ページ、20ページと

ページ開いただけで、どこに何がかいてあるのか

スラスラ理解できるようになってきます。

ある意味、そこまでやらないと、文法が「使える知識」に

ならないし、自分でも文法が自信を持てるようには

なかなかなりません。

あと、何度も言いますが、間違っても問題集で

文法をやってはいけません。

それは受験、テスト克服のの勉強法です。

これまでそんなやり方しかやってきていないし、

正解率として得点が高いと、

上達した気になるから問題集をやるのだと

思いますが、過去のやり方に固執しないで、

間違ったやり方は英会話の学習では

忘れてください。

問題集として問題になる英語の知識の

多くは、

「いかに間違うか」を問う英語の知識が問題になるのであって、

会話に必要なのは、

「英語の当たり前の知識を、当たり前につかえる事」

なのです。

英語の何かやれば、なんでも良いというわけでは

ありませんので、

無料レポートの「3つ」のことだけくり返して

こんなんでいいの?と思うかもしれませんが、

まず、この3つが身につかない限り、

何をやっても結局基礎がないから・・・、

というところに行き着いてくるので、

「3つの方法」の3つを早いうちに

完璧にすることが近道なんです。

これらが仕上がってくれば、その後に自分が

何が足りないのか、自然と足りない部分がわかってくるので、

その時点になって、初めて新しいことを始めていけばいいんです。

□■□━━【PDF版 無料配布】━━□■□
「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」をまとめた無料レポート配布中!
↓↓↓
無料ダウンロードはこちら

案外オモロイじゃん、と思ったらポチっと↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ