266: 実践者のT君による報告

自分が主催する英会話に通っているT君。

 

 

 

来たのは約一年ちょいくらい前、

某海外有名ブランドショップで
働いていて、本社から来日したスタッフを
アテンドしなくてはならない時もあって

 

 

 

英語が必要な時もあり、昇進には先々
英語が必須ということで通いに来た・・・。

 

 
なんとなくは英語は話せるけるけど
確信を持って話せないという

 

 

 

根はマジメな感じで、学生時代はそこそこ
英語は出来てはいたらしい・・・

 

 

 

 

もちろん「3つの方法」に基いて、家での学習を
毎日続けるよう言ってきた。

 

 

 

 

 

毎回レッスン後に、いま家での日々の学習は
こんな感じてやってるけど、

 

「このままで良いのか?」 とか、

「こういう時はどうすればいいのか?」など、

 

 

いつも学習について相談しに来ていました。

 

 
そんな彼が最近、メチャクチャに上達して、

 

 

「ネイティブとの会話が弾むようになってきて、

すごく楽しくなってきました。」

 

 

 

 

と、報告してきました。

 

 
音読、英文法、ボキャブラリー をほぼ毎日
やっていて、やれない日がたまにあると、

 

 

 

 

そんな日はやっていないことで、自分に
罪悪感を覚えるらしい・・・・

 

 

 

 

それくらい英語への取り組みが
日々の日課になっていて、

 

 

 

英語をやらないと生活のペースが
崩れるのだという。

 

 

 

 

 

 

どんなやり方をしているのか話を聞くと、

通勤時間を使ったり、

昼休みは食事を早く切り上げて、

 

 

 

 

英語をやるのが彼の学習スタイルで、
これが慣れるまでは大変だったけど、

 

 

 

もうすでに習慣づいていて
やるのが、当たり前になっているとか。

 

 
確かに傍からT君の話す英語を聞いていても、
上達しているのがわかるし、

 

 

 

やっぱり一番の上達要因は、とにかく”毎日続けている”ことです。

 

 

 

 

その”続ける”ことができたのは、
おそらく日々の学習内容を相談というか、

 

 

 

 

いろいろ他人に現状を話すことで、

今自分がやっていることが
間違っていないんだと安心でき、

 

 

 

精神的にも安定するので、
いろいろと他に手を出したりすることなく

 

 

ブレずに続けているからだと思っています。

 

 
英語の学習って結構孤独な作業だし、
1ヶ月、2ヶ月やったところでそんなすぐに
目に見えて結果なんて出るものでもないので、

 
ちょっとしたことでも話を聞いてもらえるだけで、

余計なことを考えるスキを与えず、

 

 

精神的な安心感にも繋

つながって来るんですよ。

 

 

 

 

 

で、最近ブログ経由で「3の方法」での学習を
実践している人へ何か出来ないかと考えていて、

 
先々もう少し具体的になったら「ある」学習形態を
発表したいと思います。

 

 

 

 

□■□━━【PDF版 無料レポート配布中】━━□■□

「ゼロから飛躍的に上達する3つの方法」

↓↓↓
無料ダウンロードはこちら


英会話 ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

メルマガ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ